春休み

春休み これといって普段と変わらないのですが
ちびが4人いると やっぱりそれなりに 時間が4人分 必要な感じです。

幼い頃は器用に美しくお箸を使っていた長男ですが
この数年、なんだかお箸を持つ指が、おかしいのです。
ということで、春休みのあいだ、お箸の持ち方練習を始めました。

次男はここのところ鼻がつまり気味で、
というのも彼は鼻をかむのが上手でなくて、
いつも不器用にぶーぶーやるのでうまくかめていないのです。
それで息苦しそうにしていて、大好きなバイオリンの練習にも身が入らない…。
ということで、次男は鼻を上手にかむ練習を始めました。

三男は春休みだから一日お兄ちゃんと過ごせてうれしいのとはうらはらに、
なんでも自分の思い通りにならないもどかしさで
すぐに びーびー大声で泣きます。
四月からは小学一年生の三男。
そんなことでは不安です。
びーびー泣く代わりに、言葉をうまく使うことや気分転換の仕方など、
私が上手に教えてやらないといけないなあと、
お兄ちゃんになるための練習を。

そして三人そろって食事の態度があまりお上品でないので、
春休みのごはんの時間は
食べ方練習。

だからずっと お小言ばっかり言ってるみたいな わたしです。
でも効果は上がってきましたよ。
長男は私に指摘されるのを口では ハイハイそうですね~ 気をつけます~
なんて軽い調子で答えて、さも私をばかにしてるみたいに言うのだけれど、
結構前向きに取り組んでくれていて、
今朝は何を思ったのか、朝起きたらすぐにゴミ捨てに行ってくれて、洗濯機も回してくれて…。
寝ぼけてたのかな。
ただし、おはしは直ってきたとして、
今度はえんぴつの持ち方も、どこか妙なんです…

次男も鼻が苦しいのはいやなので、
タイミングをみて鼻かみ号令を出す私の支持通りやっていたら、
だいぶんましになってきたようで、
お母さんの株が上がりました!
でも彼は私と赤ちゃんにはとっても優しいのだけれど、
三男にたいしてはいつも いばりんぼ!

三男は…
なかなか難しいです。
こどもの遊びは一瞬一瞬、刻々とめまぐるしく移り変わりますので
その展開をいちいち監視しているわけでもなく、
そのときどきで正確な判断を下して導くのは不可能…
ということで、三男はやはり、自ら強くたくましく、お兄ちゃんたちにもまれて
成長するしかないのですね。
一日の最後には、だっこしてよしよししてあげることに、しようかな。
といっても、なんでも毎日続けることは、やはり、難しいです。

食べ方練習のほうは、
毎食毎食こりもせず、同じことの繰り返し。

ごはんはお茶碗持って!
味噌汁はおはしを先に使うのではなくて、お椀を持ってから!
はい、姿勢を正して~!

夜は夜で、
日中、いつも口が開き気味の長男を案じて、
彼って夜、下を向いて眠るのです、
そうすると口が自然に開いてしまう…
だから、気がついたときは、長男を上向きにかえすのが習慣なわたし…
でもなかなか直りません。。。

ひとつに着眼するとまた次の問題が浮上する。
は~
いったい これらのことって、取り越し苦労のくたびれもうけ?
by o-beikokuten | 2010-04-01 01:16 | こども
<< 初めてのことば? 8ヶ月 >>