物置部屋の改造

お店とはべつに、
わたしたちは小屋のような古い小さなおうちに住んでいます。
こどもが増えたり、そのこどもたちの成長に合わせたりと、
考えてみたら、いつもいつも、家の改造に明け暮れています…。
いつになったら完成された家に住めるのかな。

今回は、自転車や使わないガラクタを押し込んでいた納屋を、
使い勝手の良い通気性のいいクローゼットに変身させることにしました。

床を張って、壁も張って、電気を付けて、
今は漆喰を塗っているところです。
納屋に眠っていたガラス窓を引っ張り出してきて、
窓枠を作ってそこへ入れる予定です。
電気の笠はペンキの缶。
くっつけ貼り付け工作気分のリフォーム、完成はいつかな~。
そうそう、リフォーム前の写真を撮っていたら良かったと後悔しています。
おばけが出そうな感じの暗い物置だったのですが、
ちょっと雰囲気も明るくなりました。
c0085630_4144736.jpg

道路に面しているので、ご近所さんも楽しみにのぞいてくださいます。
仕事の後か、お休みの日にしかできないので、
少しずつ変化するのがまた面白いみたいです…。
by o-beikokuten | 2010-06-01 04:14 | 古民家再生
<< 大雨のあと…その後 大雨のあと >>