大雨のあと…その後

今朝、あかちゃんが午前のお昼寝をしているすきに、
お店へ急いで行きました。
水生昆虫の研究で高名な博士がいらしているとのことで…、私はいてもたってもいられなくなったのです。
博士にさっそくあの小道とビオトープのことを話したら、
今から行こうかということになりました。
「でも、先生、長靴が…」
「大丈夫。いつも車に積んでいるから。」
ということで、先生は常備してある長靴と網と採集用のフィルムケースを持って、
さっそく山へ入ることになりました。
さすが、博士!

途中家の前を通ったので、あかちゃんの様子を見てみると、まだ寝ています…。
いけないお母さんは、そっとあかちゃんをそのままに、長靴を履いて山へ入りました…。

博士と一緒に、いろいろと観察しました。
じゅんさい、ひつじ草、いろいろな種類のあめんぼ、とんぼ、かめ、めだか…。
めだかが自然にたくさん泳いでいるところは今では貴重だよ、とおっしゃっていました。
博士にぜひ見せたかったそのビオトープは昔のため池だったようで、
どこかに樋があるはずだと、その池のしくみを調べたり、
またその成り立ちを推測してみたり。
とても興味深く楽しい時間でした。

現在使われている大きなため池には、ブルーギルなどの外来種が
繁殖してしまっているので、博士はそのことをなげいていらっしゃいました。

そんなこんなで、いろいろな発見をしつつ、山を降りました。
家に近づくと…
「あ、泣いてる!」
「泣いてる!」
「それじゃ、また!」

玄関までわたしを探しに出てきていたあかちゃんを ふわりと抱っこして、
わたしと博士はあわただしいさようならをしました。

ごめんね、だけど、楽しかったな~。
by o-beikokuten | 2010-06-02 15:27 | つれづれ
<< ことし初めての。。。 物置部屋の改造 >>