ひさびさに

どうしてだかこのごろはブログを書くことから遠ざかっています。
一度生活サイクルから外れると、なかなか組み込むことが容易でないようです。
赤ちゃんもはや1才3ヶ月になりましたので、
好奇心旺盛、お外大好き、なので
私も時間を見つけては散歩に連れ出したり、お友達と会う機会を作ってあげたり。

昨日は私の誕生日でした。
今年も平和に幸せにお誕生日が迎えられたことに、感謝しています。

先日、久しぶりに髪を切りました。
少し短めのまるいショートカットなので、
栗みたいで素敵♪と言われて、喜んでいます。
私の髪質にも合っているようで、
洗いざらしでも、寝起きでも、コロンと丸くまとまるので大助かりです。
カットが良かったのか、髪もさらさらになりました。
こういうなんでもなことで、日々の生活が気持ちよくなるのっていいことですね。

髪を整えたのは、文化の日に知人主催の講演会があって、
そこで少しだけお話をする役が当たったのです。
その時間約3分。
たった3分だけだけど、200人の面前でお話するのですから、
髪も気になります。
こういうことでもないと、なかなか自分の美容のために時間を使えませんよね。

最近変わったことと言えば、
長男がソフトボールをやめたこと。
今年4月からソフトボールを夏の球技大会に向けて始めたのですが、
球技大会が終わってからも続けるように勧誘を受けて、
他のメンバーの子達と仲良くやっていきたいばかりに一度は続ける覚悟をしたのですが、
どうも違うと思い始めたらしく、思い始めたら止まらないもので、
すっぱりとやめることにしたようです。
スイミングはこの6、7年間いやとも言わず、喜んで続けているので、
やはり合う、合わないがあるのでしょう。

今回のこの出来事から得たことは、土日の時間の使い方を大切に考えるようになったこと、です。
ソフトボールチームに入っていたら、土日は毎週練習と試合で予定がいっぱいです。
がんばってがんばって、成果を出します。
今年は市で優勝しました。
それくらいのことができるのだから、
土日の時間の使い方を、自ら計画を立て実行すれば、
すばらしく有意義に使えるはずだと、いうことになりました。
長男は虫や魚が好きなので、何がしたいかといえば、
近所にある自然学習センターへ通って虫や魚とりに明け暮れることになります。
それで毎回靴もズボンもずぶ濡れで、
本人たちは全く気にせず、雨の日も川へじゃぶじゃぶ入って楽しんでいます…。
しばらくするとカメラが欲しい欲しいと言い出して、
捕った獲物は家へも持って帰られないし、だから写真で記録するんだということで、
それはなかなかいいアイディアだと、まずは使い捨てカメラを買ってあげました。
そのうち私の、昔使ってた一眼レフフィルムカメラをあげようと思っています。

先週は冒険がしたいというので、
私も赤ちゃんを乗せて自転車に乗り、こども三人とサイクリングをしました。
初めての道のりで、はらはらどきどきの、ちょっとした冒険でした。
そうやって、自分で好きなことを決めて実行していると、
帰宅後は、親である私が望んでいそうなことを、ちゃんと見通して、
驚くほど素直に行動するようになりました。
私もこうして暖かく見守りながら長男を応援するということが、
仕事や赤ちゃんにかまけてなかなかできずにいたので、
ようやくこんな機会が訪れて、うれしいです。

次男はもともと自分のやりたいことを自分で探して没頭するタイプなので、
ついつい人に合わせてしまう長男に比べ、その点は手がかかりませんが、
没頭し始めるとわが道を行ってしまうので、引き戻すのに一苦労です。

三男は、どうしても、お兄ちゃんたちのオマケみたいな存在になってしまいがちで、
自分というものを意識して生活していないことが多いのか、
私から見ると、ピントが合っていないことが多いです。
三男の能力に合った事柄を、いいタイミングで取り組むときには、
自尊心がよみがえり、気持ちのいい顔つき、声になるのですが、
それ以外のときは変にすねてみたり、甘えてみたり。
まだまだ末っ子状態です。

今日は、友人の結婚式の日。
わたしは出席は断念して、家でお留守番です。
主人とその仲間たちが出席させてもらって、
わたしは今その帰りを待っているところです。

出会いがあって、喜んだり悩んだりを繰り返し、
今日からは二人一緒に歩んでいく、記念すべき日ですね。
おめでとう。
お互いを見つめ合うのではなく、
同じ方向を二人で見つめるのだといったのは、サン・テグジュペリ。
ほんとにほんとに、そうですね。
お幸せに~

そういえば、子育てにおいても、そうありたいと最近気が付いたわたしでした。
by o-beikokuten | 2010-11-06 21:56 | つれづれ
<< どようび。 こころの道 >>