かぜひきさん。。。

土曜日から4番めの長女が発熱。
39度の高熱が続きました。
昨夜からは咳がひどいので、病院で咳止めをもらいました。
どうも、原因はRSウイルスというもののようです。
かわいそうに一日中、とろんとしたおめめで
うつらうつらしています。
自分でも不安なのか、抱っこしていて、と一日に何度も言います。
いつもは一重まぶたなのですが、こんなときには二重まぶたになっていて、
熱で頭が変に冴えているのか、目はとろんとうつろなのに、
しゃべることと言えば妙に的確で、はきはきしていて…。

うとうとしていたのにいきなり目をぱっちり開けて、
オトーサンは~?
オシゴト~?
フーン、そーかー。
しあちゃんも、行きたいな~。
そしてまたうとうと。
するとまた、
オトーサンは~?
オシゴト~?
フーン、そーかー。
キンコンカンコン(村の5時のチャイム)なったらおうち帰ってクル~?
そしてまたうとうと。
ずっとずっとこの会話が続きます。

ほんとに、なんだか、面白くかわいい生き物です。


土曜日は、田舎暮らしの集い、に少しおじゃました。
田舎で暮らす人、また田舎で暮らしたい人が集まって
情報交換をしたり、手作りなどを楽しんだりする集まりです。
いろいろな意味で、意義深い集まりだなあと思いました。
会場に隣接するゲートボール場、宍粟杉と思われる木製のアーチが壮観でした。
c0085630_2383064.jpg


そのあとはたつののアートプロジェクト「刻の記憶」へ行きました。
c0085630_2391241.jpg

こどものワークショップ出席のためです。
長男は家で友達と遊ぶ約束をしていたのに
このワークショップへ私が連れて行ったものですから少し
ご機嫌斜めでした。
↓おそろいの服をきた3人がうちの三兄弟です。
c0085630_2395978.jpg

でも少し助かりました。
ワークショップでの題材が、「龍」のコラージュだったのです。
うちの子供たち、たまたまなのですが、龍がとても好きなのです。
というとなんだか変ですね^^;
いつも龍の描き合いっこをしていて、
「お母さ~ん、この龍の中で、どれが一番かっこええ?」
と真顔で聞かれることしばしば。
それはそれでいいのですが、当日、妙にリアルな細部までこだわった龍の切り絵を
している姿を見て、するとなんだか子供らしくないような気がして、少し周りの目を
意識してしまいました…。
他の子たちは画面いっぱいに大きな動物を貼って、色とりどりに色紙を
貼っているのですが、うちの子達はスマートな龍を三匹白い台紙に飛ばして
風神雷神図に出てくるような雲を飛ばしたり、
しぶーい色の天空を貼り付けたり…

長男は白と青だけで仕上げ、
次男は白と赤と灰色と黄色だけ、
三男は白と赤と青のグラデーションだけ。

先生役のアーティストさんは、長男の作品を見て、
「うーん、もうすでにデザイナー、やな。」
とうなずいて下さっていましたが、
親の私的には、やる気のないだけのような気もし、
肝心の作品は、写真に撮ってきていないので、残念。
また会場へ行くことがあれば写真撮って来ます。


アートプロジェクトの会場は古い醤油蔵です。
みなさまも良くご存知のヒガシマル醤油さん。
使われなくなった建物をアートで蘇らせた記念すべき「刻」なのです。
古い建物というだけで、伝わる何か、がありますよね。
c0085630_23103056.jpg


しあこの看病がありますので、今日はこの辺で。
写真、また改めてアップしますので、またお訪ね下さいね。

by o-beikokuten | 2011-11-22 23:08 | つれづれ
<< しあこその後。。。 赤ちゃんびより。 >>