カテゴリ:古民家再生( 35 )

c0085630_20383534.jpg

物置部屋
今日も少し進みました。
窓の桟にレールをつけました。
c0085630_20404069.jpg

中から見るとこんなふうです。
そのころ あかちゃんは…
c0085630_20435480.jpg

玄関で 水遊びです。
今日は暑かったですね^^
by o-beikokuten | 2010-06-04 20:36 | 古民家再生

物置部屋の改造

お店とはべつに、
わたしたちは小屋のような古い小さなおうちに住んでいます。
こどもが増えたり、そのこどもたちの成長に合わせたりと、
考えてみたら、いつもいつも、家の改造に明け暮れています…。
いつになったら完成された家に住めるのかな。

今回は、自転車や使わないガラクタを押し込んでいた納屋を、
使い勝手の良い通気性のいいクローゼットに変身させることにしました。

床を張って、壁も張って、電気を付けて、
今は漆喰を塗っているところです。
納屋に眠っていたガラス窓を引っ張り出してきて、
窓枠を作ってそこへ入れる予定です。
電気の笠はペンキの缶。
くっつけ貼り付け工作気分のリフォーム、完成はいつかな~。
そうそう、リフォーム前の写真を撮っていたら良かったと後悔しています。
おばけが出そうな感じの暗い物置だったのですが、
ちょっと雰囲気も明るくなりました。
c0085630_4144736.jpg

道路に面しているので、ご近所さんも楽しみにのぞいてくださいます。
仕事の後か、お休みの日にしかできないので、
少しずつ変化するのがまた面白いみたいです…。
by o-beikokuten | 2010-06-01 04:14 | 古民家再生

煙突

煙突、
半日後にはすでに漆喰が
塗ってありました。
c0085630_9582898.jpg

c0085630_9591262.jpg

あとは上に突き出た部分を支える
支柱を三本つけたら出来上がりだそうです。
その前に父ちゃんは、
手前の壊れた蔵と母屋との間の土壁を撤去しています。
そこから密かに雨漏りしている疑いがあるからです。
c0085630_1022136.jpg

池のほうもだいぶ出来上がってきました。
c0085630_104272.jpg

ところで、
煙突を撮るために裏山へ登ったら
かわいい実を見つけました。
こんなふうに、うぶ毛に包まれたイヤリングみたいな…。
c0085630_1052478.jpg

この木は確か、梅の木のはずなのです。
c0085630_107170.jpg

ちょこんと、三つだけ…。

で、今日は、せっかくつないだ洗濯機の調子が悪いので
お洗濯に自宅へ帰ってきました~。

それからお花見日和となった先日の日曜日、
近くのお寺でバイオリンのコンサートがありましたので
さっそく行ってきました。
写真撮るのを思いつかなかったので残念でしたが、
さりげなくってかっこいいライブで、楽しい午後のひとときでした~。
清水さん
ともお話できて良かった良かった♪
by o-beikokuten | 2007-04-13 10:10 | 古民家再生

煙突つくり

お久しぶりです。
は~、あっちへ行ったりこっちへ行ったり
毎日ばたばたしています。
昨日は新居へ初お泊り。
夜はやっぱりストーブをつけて
ほの明るい裸電球の下で、
思いのほかなかなかの仕上がりに満足しつつ
部屋の出来に満足し合ったのら夫妻でした。
朝はやっぱりお散歩に行きましたよ。
朝露に光り輝く田んぼのあぜ道を歩きました。
逆光に照らし出され、
うす桃色とかすんだ緑色で縁取られた山に
迎えられた朝でした。
な~んて贅沢なお散歩なんでしょう。
もう誰でも彼でも出合った人に
ありがとうと言いたくなりました。
この新居となった建物も結局床を張り替えて
壁も全部塗りなおしました。
トイレも水洗になり快適です。
洗濯機の排水をまだつないでないので
洗濯のために今は自宅へ戻って来ています。
古い浴槽にペンキを塗ったのだけど、
案の定?お風呂に浸ってたらペンキがはげてきて
ペンキ風呂になってしまいました。
浸かってたのは父ちゃんですが、
ペンキ風呂、あとで体がかゆくなるそうで、
あまり体には良くないようです^^
今日は近くの温泉に行ってみようっかな♪

父ちゃんは煙突の工事にかかりっきりです。
c0085630_1021641.jpg

屋根に穴が開きました。
c0085630_10281744.jpg

なかなかいい眺めです。
c0085630_10285247.jpg

外から見るとこんな感じ。
c0085630_10291753.jpg

そして枠組みを作って
c0085630_10313478.jpg

裏山から見るとこんな感じです。
c0085630_10322974.jpg

煙突完成まであと数日です。
煙突、取り付けるものが予想外に多くて
なかなか難しいみたいです。
c0085630_10364921.jpg

それから、今年度はワタクシ少しエラくなりました。
保育園の保護者会会長でございます。
以後お見知りおきを~。
それではまた煙突のご報告いたします。
by o-beikokuten | 2007-04-12 10:45 | 古民家再生

薪ストーブ

薪ストーブも届きました。
c0085630_17534787.jpg

またまたユニック大活躍。
c0085630_17543770.jpg

ここから
c0085630_17551823.jpg

玄関前へ無事着地成功。
c0085630_17563930.jpg

ここを通って
c0085630_1757286.jpg

ここで曲がって
c0085630_17581699.jpg

ここまで
c0085630_17585033.jpg

来ました。
c0085630_17594467.jpg

また後日煙突をつける予定です。
c0085630_1802540.jpg

とある古家のものがたり、
もうしばらくお付き合い下さいますようお願い申し上げます。
by o-beikokuten | 2007-03-17 18:01 | 古民家再生

造園2

c0085630_17394977.jpg

ユンボで石を敷くところの土を出し、
c0085630_1741023.jpg

ユニックで石を
c0085630_17414967.jpg

移動。
c0085630_17433172.jpg

パズルのように石を組み合わせていきます。
c0085630_1744177.jpg

ウッドデッキ南側の池の下地作りも。
c0085630_17471287.jpg

大きな手水鉢も吊り上げて
c0085630_17481947.jpg

竹を使って転がして
c0085630_17492163.jpg

この辺りかな。
c0085630_17502285.jpg

ここはトイレから見える
箱庭になる予定。
c0085630_1751193.jpg

造園まだまだ続きます。
by o-beikokuten | 2007-03-17 17:51 | 古民家再生

造園

古家の裏山へ登りました。
c0085630_2243925.jpg

上へ登るほど太陽の光がよく差し込むので
いたるところに苔のじゅうたんが広がっています。
c0085630_22443167.jpg

ほら、こんなところにも。
c0085630_22474724.jpg

そして、
c0085630_2251273.jpg

自然の恵みをそっと頂くことに。
c0085630_22501319.jpg

c0085630_22534129.jpg

明日から造園屋さんに来ていただきます。
そこで、庭に使う苔を集めておくように
とのお達しが。
c0085630_22561819.jpg

公私共にお世話になっている方で、
このたびの庭作りにもこちらのわがままを最大限に聞いてもらいつつ、
専門家としての知恵を拝借。
そしてこんなすてきな設計図を頂きました。
ほんとにいつもありがとう!
これは母屋南側正面の図。
向かって右側がウッドデッキになります。
上方向が建物への入り口となります。
c0085630_2393477.jpg

これはウッドデッキ南側の
小さな池。
さあ、明日からまた忙しくなりますが、
とてもとても楽しみです。
よろしくお願いします。
by o-beikokuten | 2007-03-11 23:12 | 古民家再生

奥の土間

日陰の中で何かを待っているようにぽつんとひとつ、
色鮮やかなふきのとうを見つけました。
c0085630_178559.jpg

さてさて、北奥の土間を土のままにするかどうするか
悩んでいましたが、板張りにすることにしました。
c0085630_16544455.jpg

お借りした水平を測る機械、名前は何でしたか…、
レベルかな、今までは振り子のようなもので測ってましたが、
これはすばらしいですね、
ありがとう。
c0085630_1722391.jpg

桟を敷いて、
試しに石も敷いてみて、
c0085630_17331010.jpg

あとはこつこつと…。
c0085630_17311716.jpg

c0085630_1741117.jpg

ここに囲炉裏テーブルを置くことになります。
部屋の隅には薪ストーブを置くため耐熱煉瓦を積み、
床には石を敷きました。
掘った土を運び出したり、セメントを混ぜ合わせたり、
一輪車の大活躍でした。
c0085630_1761232.jpg

外へ出ると、やぶ椿が満開です。
c0085630_16513773.jpg

c0085630_1653425.jpg

立ち枯れしていた紫蘇を
焼却用のドラム缶に入れたら、
火のつく前からもうすでに燃え上がってるみたいで
もう少しこのまま、眺めていたい気分です。
c0085630_174139.jpg

by o-beikokuten | 2007-03-03 17:10 | 古民家再生

ウッドデッキその後

材木が届くのが遅くなったことと
数日間の雨で
予定が少しおくれましが
c0085630_11132211.jpg

着々と
c0085630_11151363.jpg

進んでいます。
c0085630_1116834.jpg

厨房も機器を取り付け
レンジフード作成も無事終わりほぼ完成です。
なんだかどれもこれも
写真が冴えなくてすみません。
c0085630_111819100.jpg

私が漆喰を塗った部屋も
電気配線や天井の取り付けなどが終わり、
少し形になってきました。
ここでお米などを販売します。
c0085630_1125183.jpg

と言うところで
ぐ~んと背のびでもして
少し休憩。
c0085630_112966.jpg

ちょっと早い春弁当。
フキの透明感のあるさわやかな味と
フキの葉の佃煮が
一足早く春を感じさせてくれました。
c0085630_11501933.jpg

おかあさま、
いつもありがとうございます。
ごちそうさまでございました。
by o-beikokuten | 2007-02-21 11:38 | 古民家再生

ウッドデッキ

縁側から約6mほどの
ウッドデッキを作ります。
そろそろ工事の締め切り?も近づいて、
それでも父ちゃんは自分でしたいと申しておりましたが、
ここで大工さん登場です。
助けてもらわないと
間に合いません…。

知り合いの方に紹介していただいて、
若くて温和で腕のいい大工さんが
来てくださいました。
さすがにプロは違います。
ノコさばきなどはほれぼれするほど、
しかも道具もいいものが揃っています。
父ちゃんもいい相棒ができて
張り切っています。
一日で基礎工事も終わり、
来週の材木の到着を待つばかりです。
c0085630_0295820.jpg

草木のほうも、
いつもよきアドバイスを下さる造園屋さんが
今か今かとスタンバイしてくれています。
さて、どんな風にこの庭が生まれ変わるか、
楽しみにしていてくださいね。

さて、私は本を読むのが好きですが、
なかなかその時間がとれないのが残念です。
そんな中、最近読んだ本はロスト・ラゲッジ
c0085630_112646.jpg

いつもブログでお世話になっている
ck-photoさん(ちからくさん)こと大桑千花さんが
昨年末に出版されたものです。
そしてこのたび
日本図書館協会の推薦図書に選ばれたとの朗報が。

大桑さんは浄土真宗大谷派のお寺に生まれました。
その後、あんなことやこんなこと…
そして本当のこと?を探して世界を旅してきました。
それで今はエルサレム。
この本には現在住んでいるエルサレムと
NYにいた頃のことが描かれています。
エルサレムなんて遠い国のお話ですが、
ちからくさんのユーモアあふれる優しい眼差しで
映し出されたユダヤの世界は
そう遠くありません。
シャロム・アレヘム。
平和があなたとともに。

こちらのブログも参考に…風の吹くまま気の向くまま

さあ、
たまには本を開いてみるのもいいものですね。
c0085630_1123029.jpg
by o-beikokuten | 2007-02-11 00:37 | 古民家再生