カテゴリ:こども( 32 )

寝返り

しあこちゃんが寝返りをしました。
今日で生後七ヶ月。
やっと、しました。
いつも抱っこしていることが多く、
しかもおっとりしているタイプらしく、
ふにゃふにゃと言えば誰かがなんとかしてくれると言わんばかりに
自分から動こうとしなかったのです。
で、おにいちゃん三人、お店のスタッフ、おかあさんおとうさん
よってたかって寝返りをするよう 練習を始めました。
c0085630_014017.jpg

ん、何かあるのかな?
c0085630_033065.jpg

さわってみたいよ~
c0085630_045993.jpg

うまく体が動かないよ~
c0085630_061539.jpg

よーいしょっ
c0085630_075129.jpg

できた!
c0085630_085053.jpg

おとうさんいわく
とうとう寝返りしてもたなあ。
まだまだできなくてよかったんだけど、って。
ずっと、あかちゃんでいて欲しいのです。
という私も、そう思います。
by o-beikokuten | 2010-02-17 06:56 | こども

百人一首大会

おむすび玄さんは、ごはんを炊くのがとっても上手ですが、
古いものを生き返らせるのも、上手です。
そして、古い道具も、大好きです。
玄さんが選ぶものは渋いものが多いのですが、
私はやっぱり少し華やかなものに魅かれます。
先日の記事に掲載していたカラフルな伊万里焼の小皿、
全部お嫁に出てしまいました。
そこで私のとっておき、伊万里の変形皿の登場です。
a0157358_2222190.jpg

お外では山野草たちが春をぎゅっとつめこんで
今か今かと出番を待ち望んでいます。
下の写真の赤いつぼみは寒ぼけです。
石にへばりついた葉っぱはしょうじょうばかまという植物で、
普段は緑色の葉っぱで、にょきにょきっとお花が立ち上って来るときが見ごろです。
それが今年はきれいに冬色になって、なんとも可憐な表情です。
a0157358_2213587.jpg

ところで先日、長男が百人一首大会に出場しました。
4年生になってから、担任の先生が百人一首に力を入れてくださっていて、
その集大成として大会へ連れて行って下さいました。
c0085630_22164264.jpg

学校から帰ってきたらおやつを食べてすぐに外へ遊びに行き、
土まみれの体を洗い流して夕食をとりすぐに寝てしまうわが家のぼっちゃんは、
残念ながら一勝のみで予選落ちしました…。
c0085630_2223870.jpg

c0085630_22204033.jpg

みんな一生懸命に取り組んでいます。
読み上げは一首3秒ほどの早さです。
次々と読み上げられるのを素早く聞き取り、どんどん目の前から札が消えていきます。
驚くほどの速さで進みます。
来年も出場したいと意欲だけはばっちりなのですが、
米屋の息子たちはこちらのほうに興味を引かれた様子です…
c0085630_22251860.jpg

百人一首会場となったのは武道館でした。
ですので一階の展示コーナーには武道にまつわる展示がたくさんありました。
宮本武蔵。
兵庫県は宮本武蔵ゆかりの地とあります。
宮本武蔵駅なんていう駅まであるのですよ。
c0085630_22273165.jpg

武蔵が記したといわれる五輪書。
子どもたちはへー!!とあこがれのまなざし。
c0085630_22285355.jpg

これは安政期の防具。
銅は竹を皮ひもで編んであります。
c0085630_22311241.jpg

これは幕末期の防具。
銅は水牛の一枚革です。
これに子どもたちは大歓声をあげました。
なぜって、学校では歴史物の漫画本がはやっていますし、
家では普段テレビのない生活をしていますが、
つい最近放映がありました坂の上の雲と坂本竜馬、
この二つはおじいちゃんにDVDを頼んでいてみんなで見て大感激していたところだったのです。
ですので幕末期というだけで興味しんしん。
c0085630_22354746.jpg

長男が小さい頃、剣道を習わせたくて道場へ見学に行きましたが、
おっとり気味の長男はその激しさに驚いてしまって、私のもくろみは崩れ去りました。
それが今、何か武道をしてみたいというようになりました。
夏の間はサッカーと野球に夢中でしたが、
今は裏山で秘密基地ごっこをしています。
そこで竹の弓矢を作ったりして遊んでいるらしく、
弓道をしてみたいと言っています。
弓道…
道場を探してみましたが、近くにはなく、さてどうしたものか…。
しばらくは山で弓矢ごっこが続くことになるでしょう。
c0085630_22412066.jpg

*今は冬ですが、この人たちは半そででも寒くないみたいです…
c0085630_2242241.jpg

おにーちゃんたち、何してるんだニャ?
by o-beikokuten | 2010-02-14 22:42 | こども

バスの旅

今日は上二人のお兄ちゃんが学校からバスに乗って
スキー教室に出かけました。
もちろんお弁当持ちで。
残されたかんざもお出かけしたくてたまりません。
そこでやはりお弁当を持って、路線バスで動物園へ
行くことになりました!
意を決して!?のバス旅行です。
何せ一日に2、3本しかバスが通っていませんし、遠い道のりです。

と思ったのも初めのうちだけで、バスに乗り込んだとたんに
案外と居心地よく、楽しんでいたらもう動物園の最寄駅。
国宝姫路城を眺めながらはとにパンをあげたり観覧車に乗ったり。
私の胸に抱かれた赤ちゃんは、ずっと眠っていたけれど、
牛の鳴き声にびくっと目を覚まし、まじまじと見つめたあげく、
ふわーんと泣き出してしまいました。

お弁当を食べておやつを食べて、かんざはもう大満足。
私の赤ちゃんとおなじくらいの赤ちゃん連れのかたに
声を掛けていただいてお友達になったり、
帰りのバスで隣合わせになり何かと優しく話しかけてくださった
おばあちゃまともお友達になり、今度おうちに遊びにおいでってお誘いを受けてバスを降り、
バスの後ろの席から身を乗り出して私たちに手を振るおばあちゃまに、
バスが見えなくなるまで私たちも手を振って…。
心あたたまるバスの旅でした。

バスを降りてからの帰り道、いつもの散歩道が、
なんだか違って見えたのでした。
きっと、かんざもそう感じたことでしょう。
そうそう、たくさーん動物を見ましたが、かんざが一番印象に残ったのは、
エサをついばむハト。
かわいそうに足と羽に怪我をしていて、そのことがとても
忘れられない思い出になったようです…

いろいろと撮りたい瞬間がたくさんありましたが
荷物になったらいけないと思ってカメラを持っていきませんでした。
でも今度は大丈夫!自信がつきました。
世界文化遺産である国宝姫路城が平成の大修理にかかるまでに
もう一度バスの旅に出かけます!

さて、お兄ちゃんたちは、かっこいいスキーウエアに身を包み、
頬を紅潮させて、意気揚々と帰ってきました♪

a0157358_22351245.jpg

唐津焼のうんすけです。
おおらかなどこかとぼけた様子が親しみを感じさせます。
by o-beikokuten | 2010-02-05 23:07 | こども

ピザパーティー

友人がピザ窯を作ってピザを焼くので
一緒にどうですかって誘って下さり、
明日、お呼ばれに行ってきます。

子供たちはどうしようかと思っていたのですが、
試しに
「ピザパーティーに誘われて…」
とつぶやいてみたところ、
「え!?ピザパーティー!?」
「ピザパーティーやって!」
「えっ!?ピザパーティー!?」
「ピザ焼くん?」
「僕たちも食べるん?」
「おいしそぉ~」
「やった!!」
「らららららん♪」
とまあこんな感じで
行く気まんまん。
まだ4歳のカンザブロウ、それからというもの
毎朝必ず
「今日がピザパーティ?」
「ピザパーティーは日曜日」
「そっか、日曜日か」
とこんな感じで待ちきれない様子です。

だけど子供はね、ときどき大変なことをしでかしたり
大人の迷惑になることをしたりするから、
子供は子供で上手に遊んで過ごさないといけないよと
ひとこと申し上げました。
いじわるだけど言わせてもらおうと思って。

そうしたら
「そうやな、そうやな、
こどもは遊ぶことちゃんと考えとかなな。」
となにやら三人でごにょごにょ相談してました。

私がお風呂に入っている間に、
子どもたちは枕元に
明日の着替えとグローブと、ボールを三人分
ちょこんとちゃっかり用意して、
「あ~、早く明日にならへんかなあ」
「ん~、楽しみ」
って。

私の子供の頃って、こんなに楽しみに何かを
待ち望んでたかな。
こんなにうれしい気持ちをそのまま表現してたかな。

子供ってずいぶん大人を手こずらせる
悩み多き存在だけど、
こうして明日の希望を枕元において眠る姿に
かわいいと思う、
ことに、
よかった♪

さて、私も明日は、楽しみ!
by o-beikokuten | 2008-11-30 01:53 | こども

こどものいえ

さるすべりの木に葉が生い茂ってきました。
それまでは枝に棒を何本も渡して
ミニツリーハウスにしてもらってたのですが、
葉が茂ってきたらどうにもなりません。
花が咲けば蜂たちも群がってきます。
そこでまた、じいじい登場!
今度はさるすべりの後ろにある木に
3階建ての子供の家を建設中です。
脇には特大ブランコも。
c0085630_204617.jpg
ふと思い付いて携帯で撮ったので画像がよくありません…。
2階部分のブルーのたらいには、
あわあわが入ってると聞いていました。
あわあわって、そう、カエルのたまごです。
今日は時間の余裕があったので、
わたくし初めて2階へ上ってみました。
カエルのたまごはおたまじゃくしになってました。
c0085630_20515119.jpg

カンザはまるで自分の家を案内するかのように
得意気です。
c0085630_20532690.jpg
うしろから見るとこんなふう。
c0085630_20573855.jpg

そして、
ケイジロウの今日のひとこと。
「ボクこうちゃんと仲良しなんや~。
たまにケンカするけどな。
でも、ともだちってケンカしたらもっとなともだちになるんや。」
「もっとな」ともだちという表現が、
小学一年生らしくておもしろかったです。
by o-beikokuten | 2008-06-11 20:52 | こども

ポートレート

昨日、
目が覚めたら吹雪でした。
白く輝いた雪を見るときは、
自然に目が大きく見開いてしまいます。
いつもそんな目をしていたいと思いました。
c0085630_20521970.jpg


うちは男の子が三人います。
ひとり増えるたびに
弟がもうすぐできるよ、
お兄ちゃんになるんだよ、
の気持ちを込めて、
記念に水彩画を描くことにしています。
水彩画なんて中学以来でしたが、
上手下手を抜きにして、
親の自己満足、ですね~。
これはいま7才の長男へ、2歳頃のときに。
c0085630_20545179.jpg

5歳の次男へ、2歳頃のときに。
c0085630_2055355.jpg

by o-beikokuten | 2007-01-08 21:19 | こども

お誕生日おめでとう

そして今日は
かわいいかわいい三男
カンザ三歳の誕生日。
なのに、
今日も漆喰塗り?
c0085630_20581335.jpg

いえいえ、
今日は
c0085630_2059342.jpg

やっぱりケーキ。
c0085630_20595060.jpg

そして
c0085630_2151364.jpg

ずっと気になっていた
c0085630_2164591.jpg

カンザのポートレートを
c0085630_2174114.jpg

一日がかりで
ついに
完成~。
c0085630_21101839.jpg

かんちゃん、
お誕生日
c0085630_21123093.jpg

おめでとう!
c0085630_21133886.jpg

by o-beikokuten | 2007-01-08 21:17 | こども

挫折

今日は保育園の運動会。
次男の赤組、負け続け。
最後は待ちに待ったリレーです。
c0085630_2132540.jpg

がんばりましたが
がんばりすぎて、
この写真の後
転んでしまいました…。
帰宅後はご機嫌で遊んでいましたが
赤組負けちゃったね、と話していると、
ぼそっと次男、
「ボクが転んだからやろ、きっと。」
そしてまた何事もなかったかのように
遊び始めました。

しかし、夕飯時になると
だんだんと非行行為が目立つように…。
兄弟で決めた時間以外はテレビを見ない約束なのに
ひとりで勝手にテレビをつけてみたり、
夕食の献立の好き嫌いをひどく言ってみたり…。
そして、
うつむいて、
「もう保育園、やめたい…」って。

それからは
泣いて泣いて…。
かたくなになった心と体を
しばらく抱きしめて、
そうしていると
体が溶けてきたみたいで、
今日はお風呂にも入らず
眠りました…。
おやすみなさい。
by o-beikokuten | 2006-10-20 21:44 | こども

ねがいごと。

空に七つの星が出てきたら、
願いごとをするんやで。
そしたらそれがかなうんや。
なんて言い出した小学1年のリョータロー。
そして、
ボクはお父さんが無事に帰ってきますようにって
お願いするんや。

長男というもの
時として親の顔色をうかがっているとはよく聞く話。
果たしてこのイタイケナ願いごとも
本心はどうなのかこうなのか。

いや、
いかなる場合も
純粋なこどもに
邪心を持ってはならない。
すまないリョータロ。

さて5歳の次男はというと、
ボクはぁ…、
ボクはいらないおもちゃを遊びやすいように消して欲しい。

おもちゃの整理をするってこと?と聞くと、
そう。
と言う。

自分で把握できる範囲で、
自分ができるやり方で
物を持ち
お片づけもしたい、らしい。

やっぱりどうも、
こどもって散らかすのが大好きだけど、
本当はちゃんともとに戻したいものらしい。
きっと普段の行動も
出るところから出て
帰るところへ帰りたいんだろうな~。
それがひとつでも狂ってくると
いろんなことが絡み合って
おふざけしたり
だだこねしたり、
悪魔っ子になっていくのかな~。

だけど、
何もかもは思い道理にはならないものだから、
そういう理不尽さを感じることも
悪いことではないよね。

とは言え
大人もこどもも、
衣食住も、
個人が理解し把握できる範囲で
出来る限り収まりがつくのなら、
これまた違った世界が広がるな~なんて、
思いはふくらんで。

何やらうんちくじみたお話になりましたが、
こどもは真実を語ると申します。
冒頭に出ました長男も、
こんなことを申しておりました。

な~な~、
おばあちゃんっていっつも料理番組見てるやろ~。
こないだは
トビウオのから揚げやったんや。
食べた人はみんな
「おいしィですねェー」
って言うんやで。
絶対に
「まずいですねェー」
とは言わへんのんや。
大人ってそうなんやろ。

ん~、
やはり長男、
親の私の心も読んでいるに違いない!
by o-beikokuten | 2006-09-08 18:35 | こども

赤ちゃん

おかーちゃん。
赤ちゃんはどこから生まれてくるの?

それはね、ニンゲンが運んでくるのよ。

やっぱぁ、ぼくら、コウノトリやねんね。

なんていう小噺がありますが、
はてさて、赤ちゃん
いったいどこから来たのかマカ不思議、
とってもかわいい生き物です。

今日はふたごの赤ちゃんに会いに行きました。
ふたごの赤ちゃんのご両親は
ご夫婦で合鴨を使ったお米作りをされています。
ただまき農園

ふたごの赤ちゃんが加わって、
こどもはみんなで四人。
おばあちゃん、おじいちゃんも一緒に暮らしています。

生き方っていろいろあるけれど、
赤ちゃんが安心してこの世に生まれてくることができる
家庭や世の中でありますようにっていう思いを
いつまでも忘れたくないなと思いました。
c0085630_22581742.jpg

帰りはみぎた農園さんへもおじゃまして、
おいしい紅茶とお手製モンキーパンを頂きました。

おみやげはじじかふぇさんのオリジナルスイーツを…。

みなさん、楽しい一日を
どうもありがとうございました。
by o-beikokuten | 2006-09-07 22:37 | こども