カテゴリ:つれづれ( 70 )

日曜日の終わり

土曜の夜、私は音楽を聴きに行き、
夜遅く帰りました。
そこで話は飛びますが、
以前、私は全身麻酔を数回経験しまして、
ちょっとそのお話。

麻酔を打った後、看護士さんが確認のため
私の名前を呼び続けます。

のらさん、のらさん、のらさん、のらさん…

始めははっきりと聞こえていたその声が
だんだん遠くなるのをはっきりと意識しながら、
らせん階段を上っていくような意識の収斂を感じ、
その力の強さに抵抗のしようもないという事実を突きつけられて、
何も感じず、何も想わず、
そこにたどり着くのが正解なのだと観念しました。
それがまた、心が開放されたような気がして
気持ちがいいのです。

しばらくして、というのもどれくらいたったのかは
分かりませんが、
なんとなく周囲の音を感じ、
それでもしばらくはぐるぐると渦に巻かれている感覚で、
その音は一体どこから聞こえるのか、
上からにも聞こえるし、下からにも聞こえる、
そのうち自分の体の重さを感じ始めて、
私の指、動かしてみよう、と思うと、動いている
というふうに、心と体が一致して、
今ここに、また舞い戻ってきてしまった
と、なんだかがっかりした気持ちになるのです。

残念ながら、なかなか全身麻酔をする機会もあまりなく、
それは大変結構なことなのですが、
あのような心の旅を、やはりどこかで求めます。

そうして、土曜の夜に思いましたが、
いい音楽も心の旅ができて、楽しい。

このたびは、サンポーニャ奏者の瀬木さんという方と、
ジャズピアニストの佐山さんという方の演奏でした。
もちろんお二人とははじめてお会いしましたが、
お話もとても楽しく、ついつい帰りが遅くなってしまいました。
楽しい時間をありがとうございました。

翌日の、今朝は早朝から骨董市へ行きました。
掛け軸のいいのがあったのですが、
自分の目で掛け軸を選んだ経験もなく、
だから指をくわえてただ単にいいな~って見てました。
骨董屋のおじさんは、ただ単にいいな~でいいんだよ
とおっしゃるので、そうか、ただ単にいいな~でいいのかと、
頭の中を緑いっぱいの森にして、
その森の中に広い野原がありまして、
その真ん中にぽつんと仰向けに寝っころがってる私が
果たしてその掛け軸を見たらどうかしらと、想ってみました。

掛け軸には小鹿が描かれていましたが、
私はその小鹿ちゃんとお友達になったような気がして、
やっぱり欲しいと思いました。
だけどやっぱり初めてのことなので、
次にここに来て、もう一度この方法で考えてみて、
それでもやっぱり欲しければ、
父ちゃんにおねだりしてみようと決めました。

帰宅後はカンザと一緒に
たっぷりお昼寝。

こんな感じで、心の旅の多い週末でしたので、
書いてることも、なんだか変?
おかしかったらごめんなさい。
それではまた、一週間、お仕事がんばりましょう。
by o-beikokuten | 2008-06-08 22:08 | つれづれ

優雅な日曜日

今日は待ちに待った日曜日。
週に一度のお休みです。
私は朝から優雅にぐうたらを決め込みました。

と、そのとき
朝ごはんの用意ができたよ~。
子供たちはお母さんを起こしてきて~。
という父ちゃんの声が…。

待ってましたとばかりに
子供たちが、寝ている私に群がってきて、

三男→ボクは靴下攻撃~!
と靴下を脱いで私の鼻の上へ。
でも、朝なので全然くさくありませんでした。

次男→ボクはこちょこちょ攻撃~!
でも、布団の上からなので少しもこちょばくありませんでした。

長男→目覚まし攻撃~!
目覚まし時計を時間ちょうどにセットして、
私の耳元へ。
ピピピピッ。
なかなか賢いやり方なので
びっくりしたふうを装ってあげることにしました。

そこへお父さんの一言。
お母さんが起きてくるまでご飯はおあずけ。
みんなで待ちましょう~。

と言われると、なんだか寂しい気分になってきて、
おなかもすいたし、
やれやれとおきることに決めました。

昨日の雨とは打って変わって
今日はすがすがしい陽気となりました。
鳥たちの声もにぎやかです。
さあ、今日はどんな一日になるでしょうか。
みなさまもよい休日を。
by o-beikokuten | 2008-06-01 09:38 | つれづれ

もうすぐ新年

やっぱりお掃除も中途半端に放り出し、
こうして机に向かっています。
来年こそは新しく生まれ変わった自分と出会えることを願っています。
あと数時間で片付け上手なてきぱきさんに、
さて、なれるでしょうか。

年末は忘年会と称し、蟹鍋を楽しみました。
子供たちもおおはしゃぎで、それにも負けず
同席した方々のパワーといったら…。
厨房では洗い物の山…。
その日はすべてそのままにして帰り、
翌日の朝、みんなで食器洗いに励みました。

c0085630_21542850.jpg


忘年会の次はもちつき会。
私たちだけでは頼りないということで
いろんな方がアドバイスに顔を出してくださいました。
みなさまいろいろとありがとうございました。

c0085630_2156221.jpg


私もへっぴり腰ながらついてみましたよ。
それにしてもコワイ顔してついてます。

c0085630_2157624.jpg

c0085630_22513844.jpg

ぺったんぺったん、
音と共にみなさんの心もひとつになって、
そしてなにしろつきたてのおもちのおいしさといったら!

c0085630_21585578.jpg

c0085630_2157536.jpg

c0085630_2158194.jpg

合間に粕汁とおにぎりと、白雪の奈良漬、
これがまた美味でした。

c0085630_21592033.jpg

お酒は男山。
父ちゃんこれにはまってます。

c0085630_2159536.jpg


たくさん並んだおもちを眺めて、
かんちゃん何考えてるのかな~。

c0085630_2201767.jpg

場所は変わって、こちら。
c0085630_2224935.jpg

お休みを利用して倉敷へも行ってまいりました。
同じく休暇中のclaystudioさんと運良く(強引に!?ごめんなさいっ!claystudioさん!)
お会いできました。
c0085630_2255594.jpg

claystudioさんの作品を見つめる、
私たちの大切な、お店のスタッフ ジュジュベさん。
いつもお店で働いてくれてますが、本当は雑貨作家さんです。
c0085630_229587.jpg

スリムな美人がお好きなclaystudioさんには気をつけて!
(あ、またまたごめんなさい、claystudioさん!)
c0085630_22125843.jpg

c0085630_22145350.jpg

お酒と女に目がない父ちゃんが探し出したものは
やはりclayなとっくり。
そこに差し掛かる光によって表情を変える魔の徳利です。
他にもティーセットなどを買い求めました。
ありがとうございました。

さて、今年もあと数時間。
こうしてなんとか安らかな時間が持てるのも
みなさまのお陰と感謝しております。
天の神様仏様、
新年明けましてからも何とかどうにかなりますように、
不真面目ながらも真面目にお願い申し上げます。

年賀状はあきらめました。
書かなきゃいけないと思うと心苦しいので、
とりあえずごめんなさい、今のところあきらめました。
のらちゃんから新年のごあいさつが届かないって
心配なさらないでくださいね。
そのうちゆっくり心からのごあいさつを申し上げます。

それではよい年越しを。

※記事中の写真がなぜかうまく配列されないのです。
 お見苦しいかと思いますが、どうかご了承下さいませ。

そうそう、最後に父ちゃんにインタビュー。
今年一年を振り返ってみて、いかがですか。
父:そうですね、一年が終わろうとしていますが、
  僕としては今ようやく始まったばかり、というところです。
  店も子供もゆっくりあたため大切に育んでいきたいです。
  
c0085630_2241215.jpg

ところでこの写真なかなかうまく撮れてるでしょう。
もしかしたらどこかの雑誌で見かける方もいらっしゃるかも知れません。
そのときは、あ~これはのらちゃんが撮った写真だ!っていうことで
ご覧になって下さいね。
では来年もよろしく!
by o-beikokuten | 2007-12-31 22:01 | つれづれ

くりすます

なんとまあ、クリスマスイブです。
今日はカフェだけの営業で、
お店の片付けなどをのらりくらりとしてました。
近々汁かふぇを計画中で
とりあえずは糟汁とおむすびの組み合わせで考えています。
具沢山の糟汁ってばとってもおいしいのですよ。
酒糟はちょうど運良く小西酒造さんの一番絞り糟を頂きまして、
大根にんじんはいつもお世話になっている山下農園さんから、
薄揚げはこの辺りで一番の豆腐職人でお友達でもあるよっちゃんから、
鮭は村の魚屋さんがトラックで持ってきてくださいます。
そのほか蒟蒻も入れ込んで、
それはそれは
体にじーんとおいしさが響き渡る一品、
…に、なる予定です。

糟汁はいつもばあばあが作ってくれてたので、
冬、と言えば糟汁で、
簡単にできるのかと思ってたら
手間がかかるし、何がどうなのかばあばあみたいに
上手にできないのです。
ばあばあというのは姑のことなので、
ばあばあとはいつも一緒に仕事をしています。
だから作り方はその都度聞いてみてはいるのですが
なかなか同じ味にならないのです。
昆布を一晩つけておいて、
灰汁もきれいにとって
それはそれは丁寧に作ってるつもりなのですが^^
今はカフェに来られたお客様に試しに食べていただいています。
おいしいわって言って下さるのですが、もう少し研究してみます。
これでお値段はいくらくらいにする予定なの?と聞かれて、
思わず、う~ん、いくらにしましょうかって答えてしまいました。
そんな答えはいけませんよね。

おむすびも、シンプルなのが好きなので
隠岐の塩とのりの組み合わせです。
のりが大好きなので大きなのりを使いたいのですが、
大きなのりを使うと塩の味が負けてしまって
これまたなかなか調整がむずかしいです。


今のところカフェメニューのメインはかぼちゃのケーキです。
もうこれ以外ないっていうくらいの人気で、
このケーキのおいしさのおかげでなかなか他のスイーツ計画が進みません。

そう、それで今日は朝から糟汁作成をしながら
お片づけ。
いつも手伝いに来てくれているジュジュさん、マキロンと一緒に
あーだこーだと言いながら、
いつもとは違う年末営業日を楽しみました。
いつもはばあばあが作ってくれたごはんをお昼に頂きますが、
今日はカフェだけなのでばあばあもいなくて、
三人でまかないごはんを作りました。

糟汁にも使った薄揚げを、今度はきつねうどん用に甘辛く煮て
半熟たまごものせてあったかうどん。
豆腐屋よっちゃんからおまけで頂いたひろずに
揚げを煮た汁と糟汁のだしを足して、
どなたかから頂いた蕪の銀杏切りを煮てあんかけにしてかけた
思いつきヒロウズ。
ハイビスカスと山椒の塩のおむすび。
それからお客様から頂いた沢庵。
ねぎがないって言うのではさみを持って
近くの畑へどろぼうに…。
厨房では朝からきゃーきゃーばたばた、
やっとお昼ご飯ができたころ、
みんなふと我に返り、
ん?なんか結構おいしそう♪
自分たちで作るご飯もおいしいものです。
今日は携帯画像でごめんなさい。
c0085630_22364826.jpg
そのあとはお客様がいらっしゃり
少しお仕事モードで、
夕方はケーキ作り!
子供たちに神も仏もありません。
今年も来ましたクリスマス。
ほんというとちょこっと手抜きですが、なんとか仕上がりました。
c0085630_22404159.jpg

あとはサンタさんからのプレゼントです。
プレゼントは今ここに。
c0085630_22431026.jpg
父ちゃんっていつも板の間で、服のまま眠り込んでしまいます。
そして、こんな姿勢ですが、これでも眠っているのです。
いつも、この姿勢で眠ってます。
c0085630_22455589.jpg

私は、さあ今から寝るぞと寝るのが好きなのですが、
父ちゃんはふわーっと気持ちよく眠気が襲ってきたときに
ころ~んと眠るのが好きなのだそうです。
さ、そろそろ寝ようかな。
よいクリスマスを。
P.S そのまま眠り込んで子供たちにプレゼントを
    あげるの忘れないでね。
by o-beikokuten | 2007-12-24 22:53 | つれづれ

アホやな~

おいしいお米とごはんのお店がはじまりまして半年。
お昼寝大好きな私が目覚め動き出して半年。
働いています。
お昼ごはんのほうはお陰さまでずいぶん先まで
予約がいっぱいの状態で過ごしています。
でもお米屋さんだと知らないでいらっしゃるお客様も多いので、
これからはお米の販売にも力を入れたいところです。

目下の悩みは三男カンザのぜんそくが前より頻繁に
起こるようになったことで、なぜなのだか、とりあえず、
そろそろ生活の見直しをしなくちゃいけないかなと思っています。

今日は村の秋祭りで朝から子供たちは大張り切り。
だけど朝から少し風邪気味だったカンザは
予想通りお祭りが終わる頃には体力の限界で
ぜんそくひゅーひゅー。
それで行き付け?の救急病院で受診しました。

受診が終わり会計を待っている間、
私とカンザの前には
刺繍入りの赤いハデハデ長袖ポロシャツを着た、
立ち居振る舞いからすると、
学校へ通っている頃にはずいぶんやんちゃをしたというような、
おじさんというのにはまだ早いかな、
そんな男の人が座っていました。
私とカンザは見るともなしにその人を見ていたわけなのですが、
背後で病院入り口の自動ドアが開き、
小学校低学年くらいの男の子がご機嫌斜めな様子でぴょこぴょこ登場し、
その男の人のところへ来たのです。
やはりその男の子も真っ赤なポロシャツ、しかし半そで、を着て、
膝をすりむいたのか少し血が出ていました。

なんやおまえ、コケたんか。
あっほやな~。
ほんまあほやな~。
ほら座れ。
と長袖父ちゃんは言いました。
長年の日焼けが板につき、おそらく実年齢よりは多くシワのある顔を
笑顔でくしゃくしゃにしながら。

半袖息子は自分の失敗を悔やんでか
行き場のないイライラをお父さんに向けるかのように、
隣に座るお父さんのわき腹をグーでボコボコ殴り始めました。
すると長袖とうちゃんはすかさず息子の首を片方の腕で自分の脇に抱え込み、
またまたくしゃくしゃ笑顔で
殴るな殴るな、ほれほれ。
とされるがままに言いました。

半袖息子のパンチはだんだん弱くなり、
すぐに長袖父ちゃんにしなだれかかるように寄り添い、
父は息子の、さらさらセミロンゲを額のほうから頭の後ろへかき上げながら
なで始めました。
微笑み、息子を見つめながら。
そしてついでに、じろじろ眺める後ろの席の、
私とカンザにもくしゃくしゃ笑顔をくれました。

そうそう、息子を撫で回す長袖父ちゃんの左の指と言ったら、
一本ありませんでした。
なんでなくなっちゃったのか、なかなか聞く勇気もありませんでしたが、
そうしているうちに、長袖父ちゃんの妻、半袖息子の母であろう女性が
診察室から二人の待つ待合へ現れました。
すらりとしたキャリアウーマン風の母ちゃんで、
診察結果を父ちゃんに説明し始めました。
父ちゃんは要所要所で妻へ質問しながら
そうかそうかとやはりくしゃくしゃ笑顔で母ちゃんを見つめていました。

時間で言うと10分もない間の出来事でしたが、
どうしてこんなことを取り立てて書くのかといいますと、
やっぱり感動したからなんだと思います。

子供にしろ夫婦にしろ、
愛って理屈じゃないんですね~。
先日なんて、
男の子ってどうやって育てるの?なんていう本を
衝動買いしてしまいましたが、
もっと早くこの親子に出会いたかったです。(のら談)
by o-beikokuten | 2007-10-21 19:38 | つれづれ

夏も終わりのようですね。
c0085630_20582663.jpg

こちらはシダレエンジュの木。
c0085630_2135789.jpg

5月にお店を始めた頃はきれいな新緑を楽しませてくれました。
つぼみのころには
これはね、白い花が咲くのよ、という意見、
これはね、黄色い花が咲くのよ、という意見。
答えはその中間の薄く黄色かかった白でした。
c0085630_2172077.jpg

今は花も終わり小さな豆状の実がなっています。
c0085630_21172153.jpg

フウランの花も咲きました。
c0085630_21192470.jpg

黄金いろのように輝くトキワシノブ。
c0085630_21214176.jpg

立ち枯れ一歩手前の秋色あじさい。
c0085630_21234554.jpg

よく見ると可憐なお花のヤマゴボウ。
c0085630_21265619.jpg

一輪にして存在感のあるコクチョウダリア。
c0085630_21312132.jpg

遅ればせながらの蓮の花。
開花は明日の見込みです。
c0085630_21323136.jpg

そしてなんと言っても
ツリガネニンジン。
あまりのかわいさにかいがいしくお世話をする私に、
父ちゃんいわく、
ボクにもそれくらい優しくして…。
c0085630_2135743.jpg

椿の木にはもうすでにつぼみが見えます。
夏ももうすぐ終わりです。
c0085630_21374842.jpg

claystudioさんの桃といちごのジャムおいしかったな~。
c0085630_2140494.jpg

おいしいと言えば、夏はスイカ。
c0085630_21404964.jpg

正しくはパンツと長靴で食べます。
c0085630_2143159.jpg

そんな夏ももう終わり。
c0085630_21451240.jpg

かんちゃ~ん。
c0085630_21465394.jpg

そろそろ終わりです~。
c0085630_21491093.jpg

夏の出来事って、
過ぎてみたらとても懐かしく
鮮明に心に残るものですね。
c0085630_21512877.jpg

私の夏休みは一週間でしたが、
その間ぐうたらし過ぎてぽっちゃり。
父ちゃんに、おでぶちゃんなんて呼ばれると
くやしいのです。
がんばって働こ。
by o-beikokuten | 2007-08-27 21:02 | つれづれ

海の日

久しぶりの連休です!
私はひたすら朝寝を決め込みました。
お日さまが高く昇ってもふとんにつつまれている幸せって、
やっぱりたまにはいいものですね~。
c0085630_22175636.jpg

幸いにも?前日に私は指を負傷したもので
家事はすべて父ちゃんが。
いつもどうもありがとう。
子供たちはおとなしくおうち遊び。
茶の間が散らかれば
お風呂の前ですごろくを。
c0085630_22172995.jpg

そこも散らかり行き場を失い
寝室へ。
c0085630_2219680.jpg

追い出しを食らい
とうとうトイレでオセロが始まる…。
c0085630_22201094.jpg

私が起きた時には家中しっちゃかめっちゃか。
そして気が付けば海へ。
c0085630_22243989.jpg

私の負傷した指はこんな感じで
実は車から降りるときになんと!車のドアで指を挟んだのです…。
痛かったです。
お店が始まってから何度か器を割ったのは
アルバイトの人含めそのうちの、
私一人だけ。
つり銭を間違うのも私だけ。
父ちゃんの出張の日に
戸締りを忘れないようにと思いつつ、
結局店に売上金を置いたまま鍵もかけずに帰ってしまうのも私…。
がっくりきている私に父ちゃんいわく、
ええこっちゃ。
今まではこの辺で逃げ出してたところを、
こうやってキャパシティーを広げていくんやな。
なんて勝手なことを言うのです。
そしてまた、朝寝してお昼寝までしたい私を
うまい具合に海へ連れ出しました。
眠たい私は車の中で待っていようと思ってましたが、
みんなが水着になってでかけていくのを見るとやっぱり思い直して
私の水着は?
そしてすかさず父ちゃんいわく、
ちゃ~んとあります!
そんなこんなで私も海へ。
c0085630_22392747.jpg

私が歩くと
c0085630_22401349.jpg

カニが逃げたりもぐったり。
c0085630_22424937.jpg

ヤドカリちゃん。
c0085630_22435237.jpg

すぐかくれてしまいます。
c0085630_22442880.jpg

変わったカニだと思ったら、
c0085630_22445385.jpg

やっぱり顔もおもしろい。
c0085630_22454067.jpg

去年より少し大きくなってるリョータロー。

c0085630_2248049.jpg

いつもリョータローを追い続けるケイジロー。
c0085630_22495647.jpg

わが道をゆくカンザブロー。
c0085630_22511741.jpg

三人仲良くね。
c0085630_22515375.jpg

そうしているうちに黒雲が。
どしゃぶりの雨が降り出してあわてて車に乗り込みました。
c0085630_22541138.jpg

おやすみなさいzzz…
c0085630_22563068.jpg

そうそう、ずっと探してたものも見つかりました。
c0085630_22573999.jpg

ほっ。
by o-beikokuten | 2007-07-16 22:57 | つれづれ

台風の日に

c0085630_24269.jpg

台風の予感…。
c0085630_2241896.jpg

そんなある日に
c0085630_2463454.jpg

こんにちは。
フランスからの
ちいさなお客さま。
c0085630_2442747.jpg

ほとけさまにもこんにちは。
c0085630_2375413.jpg

きみはどこから来たのかな?
c0085630_2413937.jpg

同じ年頃のこどもたち。
ちょっと恥ずかしいみたい。
c0085630_256241.jpg

またいつか
c0085630_2593466.jpg

会えるといいね。
c0085630_303536.jpg

さようなら!
c0085630_312869.jpg

c0085630_355613.jpg

by o-beikokuten | 2007-07-15 02:14 | つれづれ

トイレ

うちのかわいいカンザちゃん、
近ごろトイレに行くのがうれしくて。
c0085630_2264297.jpg

なぜって完璧に、おもらしなしのお兄ちゃんになりましたから。
c0085630_2213339.jpg

もうひとつ、かわいいもの。
椿の小さな実。
かれこれ一ヶ月以上
生け花に使わせてもらってます。
c0085630_2244022.jpg

ショウマの花も咲きました。
c0085630_2213841.jpg

by o-beikokuten | 2007-07-08 22:19 | つれづれ

おきにいり

c0085630_21483760.jpg

今日はさわやかな一日でしたね。
でも天気予報にだまされちゃいけないと
洗濯物を部屋の中に干して出かけましたが
今日のところは深読みしすぎで、もったいない事をしました。
c0085630_21495945.jpg

ホタルブクロ、静かに咲いています。
お隣さんの路地のすき間からやっとこさっとこ生えてきて、
人知れず咲いていたものなのですが、
それを見つけた次男が私を喜ばせようとかわいそうに、手折ってきました。
喜ぶ私の顔を想像しながらホタルブクロを差し出す次男に、
私は言いました。
なんで採ってくるの~!
だめだめ~!
根っこからもらえるように頼みに行こうと思ってたのに~!
そう、まだ小さな苗のホタルブクロだったので、
お店の庭に植えたいと、お隣さんにお願いするつもりだったのです。
次男よ、まだ読みが浅かったね。
さてこの白い水差しは私のお気に入り。
よく見ると、李朝、そう思ってみればやっぱり李朝な水差しです!

c0085630_21582389.jpg

これはトイレのニッチ。
もともとあったトイレの壁にもともとあったニッチ。
ちょっとヘコんだ水差しはやはり私のおきにいり。
骨董屋のおっちゃんとの賭け引きでうまく手に入れた逸品です。
by o-beikokuten | 2007-07-07 22:06 | つれづれ