カテゴリ:いきもの( 9 )

夜に。。。

月が出て
c0085630_21143128.jpg

ほわほわと飛ぶ光を 追いかけていたら
c0085630_21154884.jpg

何もかもから開放されて このままどこへでも行けそうと
c0085630_2117204.jpg

勇気にも似た力を感じます

c0085630_2118246.jpg

息をひそめて
c0085630_21193355.jpg


夜の澄んだ涼しい空気の音に
c0085630_2120298.jpg

ただ耳をかたむけるだけの
c0085630_21215864.jpg

夏の夜
by o-beikokuten | 2010-06-22 21:30 | いきもの

ウシガエル

今日、家に帰りついたとき、
カエルが跳びました。
びよよよよーん、ボタッ、
という音がしました。
姿も見えました。
私たちの足音でカエルは草の茂みに
逃げ込んだのです。
その瞬間、父ちゃんと子供たちは
ざわめきたち、
てきぱきと仕事に取り掛かりました。

父:網持ってくるからみんなでその茂みを囲んで
  見張っておいて。
子供たち:分かった!

捜索が5分ほど続き、
仕留めました。

子供のころあった、何とかっていう
アメーバみたいなべとべとの
液体でもなしゴム状でもない
変なモノがあったと思うのですが、
そのような形状の、
べたりと平べったい、
体長約15センチほどのカエルでした。

見たこともないようなカエルでしたが、
これはきっとやせたウシガエルだろうとのことで
みんなの意見が一致しました。

どうやって太らせようかと相談すると、
父ちゃんは言いました。

部屋の中で放し飼いしたら、
ムカデ食べてくれるかな。
でも、カエルが部屋中飛び回ってたら
べたべたして掃除に困る?
と真剣な顔して言うので、
そういう問題でもないんちゃう?
とも言えず、
私も真顔で
うーん、そうやなあと、言いました。
by o-beikokuten | 2008-05-21 21:24 | いきもの

冬の鳥

鳥の声が、よく聞こえるのです。
朝からぴーちくぱーちく
よくあれだけおしゃべりができるものです。
こちらは忙しいですからね、
そうおしゃべりにも付き合っていられませんけれどね、
とうとう、誘惑に負けてカメラを持って外へ出ました。
c0085630_2133067.jpg

いましたいました。
c0085630_21114961.jpg

むくどり?ひよどり?
熟した柿の実をみんなでついばみに来ています。
c0085630_216470.jpg

仲良くね。
c0085630_2174897.jpg

こちらはうぐいす色がすてきなめじろちゃん。
c0085630_2191994.jpg

いつか望遠レンズを持ってきて
もっと近くに撮りたいな。
でも鳥を撮るのは難しいです。
とる場所や明るさでカメラの調節をしていたら
すぐに飛立ってしまうし…。
その代わりレンズを向けたその一瞬のときめきったら、
鳥を追う写真家の気持ちが少し分かりました。
それでは、みなさんまた明日!
c0085630_21132979.jpg

by o-beikokuten | 2007-01-19 21:06 | いきもの

苔玉

湯飲み茶碗と
軽石を使いました。

ナンテンと苔。
c0085630_21271142.jpg

カエデと苔。
c0085630_21284637.jpg

そして夕焼け雲。
c0085630_21302859.jpg

夜になり、
ごそごそ。
ロー紙とヒモ。
c0085630_2132534.jpg

で、袋を作りました。
シクハクと…。
c0085630_21332843.jpg

夜なので画像が悪くすみません。
でも、
出来てよかった~。
c0085630_21342162.jpg

by o-beikokuten | 2006-12-04 21:36 | いきもの

うとろぎ

古家の辺りは
古くはうとろぎの里、と呼ばれていました。

近くに空木城跡なるものがあります。
空木と書いてウトロギと読みます。

そして、
空木は、ウツギ、とも読みます。

ウツギは木の幹の中が
空洞になっています。
中が空っぽの木で、空木。

そんな空木が
この里山にたくさんあるはずだと思い、
探してみました。

いつも通る道をふと見上げると、
ピンク色のきれいな花の咲いた木を見つけました。
どうやらイワウツギという木だろうと
思われます!
c0085630_21571216.jpg

ただ、
イワウツギの開花時期は5月。
しかし、今は9月。
う~ん…。

かわいそうだけど、
枝の先を切ってみると…
c0085630_21482313.jpg

うーん、ピントがずれています…。
しかし、うっすらと丸い円が見て取れます。
この枝がもっと太く成長したら
丸い空洞になりそう…?

そして葉っぱもイワウツギな感じです。
c0085630_21552338.jpg

少し離れたところには、
同じ形態の木に、
実がなっていました。
c0085630_2232354.jpg

今は実のなる頃のなずなのです。
ということは
やはりイワウツギだと思われます!

花が咲いていたのはたったひと房だけ。
ということは、
狂い咲きだったのでしょうか。
私に見つけて欲しかった、のね。
来年の、
花の咲く頃が楽しみです。
by o-beikokuten | 2006-09-21 22:10 | いきもの

山野草

秋です。
さて、何を作りましょうか。
ということで
久しぶりに
寄せ植えや苔玉を作りました。
作りたてで苔もなじんでおらず、しかもいつもの通り携帯で写真を撮ったので
画像はよくありませんが、ご了承下さい。

トクサ、ショウジョウバカマユキノシタ、、タツナミソウなどを使って
夏のなごりを。
c0085630_19354793.jpg

姫ウラジロシダとカゲロウソウで
はかなげに。
c0085630_19383467.jpg

紅チガヤ、エノコログサとセージを使って
はらっぱみたいに。
c0085630_19395188.jpg

カエデの赤ちゃん。
c0085630_19433550.jpg

カエデ、にょきっと育ったらこうなります。
公園で種や小さな芽が出ていたものを頂いて、
花壇のすみっこで育てていたものです。
ついにデビューの日が来ました。
少し曲がって育つように、土に斜めに差して育てたり、ちょっと工夫しました。
c0085630_19461495.jpg

ミズヒキとショウジョウバカマ、カゲロウソウで
少女っぽく…?
c0085630_1948111.jpg

ランの葉っぱとツルボ、スミレで
ちょっとおすまし。
c0085630_19512121.jpg

古典的に山モミジ。
これは畑で育てました…。
c0085630_1953488.jpg

そこへコロンと
イガイガちゃんが…。
c0085630_1953324.jpg

非の打ち所のない美しさ…。
しかもおいしい!
あぁ、私の負けです。
c0085630_19542177.jpg

by o-beikokuten | 2006-09-14 19:40 | いきもの

今日の山野草

昨日集めた山野草をお届けしました。
他のかたの草木も合わせて、
こんなふうになりました。
c0085630_031327.jpg

c0085630_0321095.jpg

c0085630_0323956.jpg

c0085630_033286.jpg

c0085630_0332997.jpg

c0085630_033476.jpg

c0085630_034997.jpg

c0085630_0342234.jpg

c0085630_034556.jpg

c0085630_0351182.jpg

草花の短い命をお借りして
あれこれ考えて器に生けること、
それを楽しむこと、
いい時間を過ごすことが出来ました。

ちなみに、これは草木彫り姫路教室の生徒さんたちの展覧会です。
c0085630_0295277.jpg

ほかにも神戸や東京などで教室があります。
みなさん力作ばかりでこれまたため息が出ました。

昨日なんだろな~と言っていた白い花、
そのまま大きく生けたり、
花の部分だけ切って一輪挿しに使ったり、
いろいろ楽しめました。
仙人草というのだそうです。
野葡萄のみずあげには成功しました!

c0085630_0583585.jpg昨日の虫刺されには
いつもばあばあが作ってくれる
アサガオのアルコール漬けで…。
びわもいいとか。
by o-beikokuten | 2006-09-06 00:55 | いきもの

山野草

今日は草花を集めました。
携帯なものであまりきれいに撮れていなくてすみません。
まず何やら可憐な白い花。
なんだろな~。
c0085630_22323794.jpg

そしてアケビのつる。
c0085630_22335060.jpg

それからトラノオ。
去年も咲いてました
これは畑の周りにたくさんき咲いていて、
よく見ると小さな球根からにょきっと生えています。
涼しくてはかなげでほっとする、大好きな花です。

c0085630_22343590.jpg
c0085630_22355251.jpg


極めつけはツリガネニンジン。
もううっとりするほどの美しさなんだけど
控えめで、きっと誰にも見られずに命を終えるのが
ほとんどなのでしょうが
完璧なまでの可憐さでひっそりと咲いています。
乾燥に大変弱いので、気をつけなければいけません…。
c0085630_2247826.jpg

その他ユキノシタ
c0085630_2250033.jpg

ミズヒキ、ヤマモミジ、
うす桃色の、粉雪みたいなハギの花、ノコンギクなど
c0085630_22541437.jpg

今日の発見はこの赤い実。
c0085630_2256273.jpg

それから、いまだにみずあげに成功したことがないノブドウ。
葉の形がすてきだし、実が色づきだしたらまるで宝石のようだし、
実のなりかけのときもかわいらしいし、
これをいけることが出来たらといつも思うのですが、
人の手に渡ると、とたんにしおれてしまうのです。
さあ、今回はどうでしょう。
c0085630_2258526.jpg

本当は裏山に入ってサンキライなども頂きたかったのですが、
とうちゃんもいないことだし、
ヘビが怖くて山に入る勇気がでませんでした。
昨日今日と2回続けてヘビをお見かけしましたので。

山野草も命がけです。
一歩歩くたびに草むらの中でバッタやかえるや、なんだか分からない虫たちが
ばったばったと飛び出して、
ついでに私の心臓も飛び出しそう。
詩的に表現するならば、
草原の生き物たちが道案内♪なんて言うのだろうけど、
すんません、そんな気分にはなかなかほど遠いです。

山野草を頂くときの心構え。
きょろきょろ、どきどき、サササッ。
耳は常にすまして、虫たちの羽音をききながら。

今日は蚊に刺されただけで無事終了。
c0085630_2364170.jpg
失礼しました。
どうも、今日はひとりでどたばたやってたものですから、
さみしくてこんなものまで撮ってしまいました…。

今日の草花は
お友達へのプレゼント。
きっとすてきに生けて下さると思います。
by o-beikokuten | 2006-09-04 23:12 | いきもの

バケツ稲

苗を植えたころ

お米の花が咲きました。
恥ずかしながら今までお米に花が咲くなんて
知りませんでした。
向こうもこんな私でいいのかしらという出で立ちで、
控えめな様子を見せてくれました。
c0085630_21443255.jpg

このお米の赤ちゃんが
立派に成長してくれますように。
c0085630_2145839.jpg

結局5株を3株と2株に分けて
バケツ二つで育てています。
こちらは3株植えているほうです。
c0085630_22403227.jpg

by o-beikokuten | 2006-08-28 22:31 | いきもの