カテゴリ:たべもの( 15 )

くわい

知り合いの農家さんがいつもいろいろな種類の
お芋を持ってきてくださいます。
紫芋はお店のティータイムのお菓子でお出ししています。
ロマノフという冷菓に使っているのと、
そば粉のシフォンケーキに添える豆乳クリームに紫芋を混ぜ込んでいます。

オレンジ芋もぜひ使ってみてということで、
先日インド帰りのお友達に会って刺激を受けたこともあり、
サモサに挑戦してみました。

紫芋とオレンジ芋をサモサ風に仕上げたのを
半分に切って盛り付けたら彩がいいかなあと…。
c0085630_19362748.jpg

ひたすらサイコロに切って、
c0085630_1937416.jpg

三角になるように詰めて、
c0085630_19382210.jpg

サモサは揚げるのですが、揚げると油の味が濃くなるので、
オリーブオイルで焼くほうが良いみたいです。
そうするほうがお芋の味がします。
c0085630_19393896.jpg

そして切ります。
c0085630_1940817.jpg

ちょうど知り合いのお店で東北へのチャリティーバザールを開催する
というので、お弁当にして持って行きました!
内容は…
*黒胡麻おむすび
*小芋の炊いたの
*姫路れんこんの五穀和え
*小かぶらの胡麻和え
*紫芋とオレンジ芋のサモサ風
*かぶら葉とちりめんじゃこの炒め物
*かぼちゃソテー
おむすびの上に乗ってる細長いものは紫芋のチップスです。
お弁当を持っていく時間がちょうどいい時間だったので、
お腹を空かせたお客様たちは奪い合うようにお弁当をお求め下さいましたが、
さて、お味のほうはいかがだったのでしょうか^^;

お芋のおじさんが、今度はくわいを持ってきてくださいました。
c0085630_19475627.jpg

さて、これをどうしましょう。
写真では分かりませんが、ひとつひとつはとても小さいのです。
小さい種類のくわいなのだそうで、
素揚げにしてつるんと食べるのが一番おいしいということで、
それなら手間も省けるし、
私は抹茶の衣を付けて揚げてみようかなと思っています。

そうそう、お店の庭のかえでの木、
日に日に落ち葉でとうとう枯れ木のようになってしまいました。
木枯らしに吹かれながら木の枝を見上げると、
何やら薄緑色の玉がぶら下がっています。
c0085630_19573196.jpg

なんだろな??

聞くところによると、やままゆ、だそうです。
蚕。

山野草の先生とそんな話で盛り上がり、
最後は釣りの話に。
なぜ釣りの話になったのかと言うと、
繭玉の中のさなぎは、粉になって釣りのえさになるというところから、
です。

蚕を育てて、糸を作って紡いだり、
捨てるものもちゃんと何かの役に立っていたり、
今の私たちの暮らしにはない循環があったのだなあと、
木の枝にようやくぶらさがっている、
小さな小さな繭だまを見て、気が遠くなりそうでした…。
by o-beikokuten | 2011-12-09 20:00 | たべもの

えびいも

日曜日は忙しい一日でした。
朝は4時に起きました。
一度行ってみたかった朝市に行くため少し遠出し、
10時ごろ一度家へ戻り、
今度はひめじ伝統野菜の一つである
海老芋の収穫祭へ行きました。
c0085630_4145671.jpg


姫路での海老芋の栽培は明治時代から始められ、
姫路を代表する作物だったそうですが、
時代と共に栽培の担い手が減り、
最近では自家用に作る人がちらほらいる
程度だそうです。

それを復活させようとする兵庫在来種保存会の山根さんの取り組みで、
オーナー制を取り入れた海老芋の栽培が始まりました。

私たちもその海老芋畑に3株植えさせて頂きました。
施肥や土寄せなどの作業に何度か参加して、
やっと収穫の時期を迎えました。
一株の種芋からたくさんのお芋ができていました。
親芋はステーキにするといいそうです。

子供たちはこの海老芋畑にやたらと行きたがります。
田んぼの周りには用水路があるので、
こどもたちはそこで魚を追いかけたり、水を触ったりするのが楽しみなのです。

お昼ごはんは収穫祭ということで、
たくさんのおにぎり、海老芋のお汁、
海老芋ステーキ、海老芋にっころがし、
小さな海老芋を皮ごとただゆでただけのをむいてしょうが醤油で食べるのなどなど、
海老芋ずくしでたらふく頂きました。
http://blog.goo.ne.jp/sakura148/e/d47b3e381403fc9f188d6fae2f3d5d01

その後また一度家へ戻り、村の公会堂のお掃除に参加しました。
1時からなのですが、約束の1時に行くのは遅いのです。
1時からの場合は12時45分には行っておかないといけないのです。
案の定12時45分ごろからどこからともなく村の人々が集まり、
静かにお掃除が手際よくこなされ、
あっという間にぴかぴか、米袋たっぷり一袋分の草が抜かれ、
30分後にはささっと解散。

お友達の村では指定の時間の30分前には現地について
作業を始める用意をしていないといけない「暗黙の掟」があるそうです。

私たちの村は15分…いえ、正確に言うと13分前くらい、です。
いやほんと、15分ではなく、12.3分前、というところが、
早く行きすぎて他の人にプレッシャーを与えず、
遅刻して恥をかくということもない、デリケートラインなのだと、
そして一歩進んだ新しい村らしい?決まりなのだと思われます。

お掃除のあと、今度は姫路の好古園へ向かいました。
雑草いけばな展へ行くためです。
c0085630_4263622.jpg

とても素敵な作品ばかりでしたので、
カメラを持って行ってなかったことを後悔しました。
主催されたいけばな教室一渓会の方々が、お店によく来てくださいます。
あるときに、相馬焼の甕をお買い求めになられたのですが、
その甕を使って草木を活けられると連絡頂きました。

日ごろ身近にある草花でいけばなをという趣旨なのですが、
空間をうまく利用したデザインや、
洗練された小物使いなど、非常に見ごたえのある
展覧会でした。

好古園は姫路を代表する美しい庭園です。
池にはまるまると太った鯉がうねるように泳いでいて、
それを眺めて子供たちはごまんえつ。
迷路のような小道にも想像力をかきたてられるのか、
楽しいようで、
しきりと、好古園ってええな、ええな、
僕たちも好古園みたいな庭が欲しい!
と、何度も繰り返し言うのでした…。

その後、姫路市郊外で里山整備をされている知人のところへ行き、
掘りたての海老芋をおすそわけ。
ついでに砂を土嚢袋に入れて、大雨でえぐれて大きな穴ができている箇所へ
詰め込む作業をしました。

行く先に応じて私は一応着替えを持っていって早替えをします。

そして今度は太子へ行き、マヤ、というネパールカレー屋さんで夕食をとりました。
この日はハロウィンの前日の日曜日ということで、
マヤさんファミリー勢ぞろい、楽しい仮装で出迎えてくださいました。
c0085630_4432662.jpg


携帯画像ですので少し暗いです。
これからできるだけカメラを持ち歩くことにしようかなあ。
今使っているカメラはオリンパスE620というものです。
なんとなく私にぴったりこなくて、使いこなせなくて、
ついついカメラから手が遠のいてしまいます。
それが先日お店のDM撮影のとき、
ちょっとコツがつかめたので、楽しくなってしまいました。
これから持ち歩いていろいろ試してみようかと思います。

こんなふうなてんこもりな一日、
小雨のぱらつく肌寒い一日、
しあこちゃん今日はかぜひきさん。
海老芋の収穫では新聞の撮影もあったので、
子供たちは今朝の新聞に大きく写真掲載されていて、
ちょっと有名人気分を味わったそうです。
by o-beikokuten | 2011-11-01 04:54 | たべもの

にんじん

ちいちゃなあかちゃんにんじんを いただきました。
c0085630_21192370.jpg

あれ、同じようにぷくぷくの…
c0085630_21201376.jpg

て。
by o-beikokuten | 2010-06-24 21:20 | たべもの

味噌作り

おはようございます。
今から 味噌作りを 始めます。
がんばろ。
c0085630_7243899.jpg

by o-beikokuten | 2010-02-23 07:24 | たべもの

中華食堂

今日は子供たちと一緒にお米の配達についていきました。
帰り道に、ご飯もどこかで食べて帰ろうという話になりました。
本当は、軽々しく外食をしたらいけないという家族ルールがあるのですが、
そこは臨機応変に、私も口をとがらせたりなんかしながら、
そうだな~、仕方ないね~なんて、
心の中では喜んでたり、します。

で、どこへ行ったかというと、
ここでまた、本当は、家族ルールにのっとって言うと、
和食系のご飯やさんに行かなければならないところ、
中華・・・
ん・
中華・・・
ん~
中華屋さんに行こう!

と、着いたところは大衆中華食堂。
男たちはときどき、ガツンと食べたくなるものなのですね、
運ばれてくるお皿につぎつぎとお箸が伸びて、
一瞬のうちに平らげてしまいます。
ぎょうざなんて、広いテーブルの真ん中にぽつんと置かれた瞬間に、
ささっと消えていき、最後にひとつ残ります。
私のぶんです。
私は、牛のようにゆっくり食べるタイプなので
すぐには手を出しません。
おいしそーだな~
今口に入っているのがなくなってから、
お水を少し飲んで、それからあの餃子を食べようかな~
と思っている間に中華そばが登場。
中華そばを子供たちに取り分けてやり、
あれ…少ししか残ってない…
と思いながら自分のぶんを取り分けます。
そうしているうちに、
この餃子、誰も食べないの?じゃあボクが食べるわ
とリョータロー。
私はあわててお父さんを見ます。
そしたらお父さんはリョータローに、
それは、お母さんのだからおいといて、と言います。
いざぎょうざを食べる番になると、
私の、少ししか入っていない中華そばを見て、
カンザが、お母さんそれ食べないの?ボクが食べたげる、と言います。

なんだか早食い競争みたいで、中華料理のような
取り分けるタイプのような食事は忙しくていけません。
それでぼそっとつぶやきます。
私は…私は自分だけのものを頼みたい…と。
そしたらお父さんは、
えっ!?なんで??
みんなで分けて食べたら楽しいやん、って。
そんなこと言われると、人に、しかも自分のこどもに、
分け与えたくない冷たいお母さんみたいです。

まわるお寿司もいけません。
くるくる回って、考えているうちに通り過ぎてしまいます。

私は運動は、テニスと水泳が、下手だけど一番好きですが、
もともと体育会系の人間ではありません。
だから男どもと行くまわるお寿司と中華料理は苦手です!
よーいドン!
はい、食べて!
ピー!
終了~!
といった感じです。

いつか優雅な中華&おすしが食べられる日を夢見て…
そして優雅なおひなさまの記事のすぐあとにこんな話題で…すみません。
おやすみなさい。
by o-beikokuten | 2010-01-25 22:39 | たべもの

珠洲焼き

昨日は赤ちゃんとカンザと一緒に
お友達の所へ遊びに行きました。
74歳のお友達。
そう、ちょっと年の離れたかたなのですが、
少女のようにきらきら輝いているとても魅力的な女性です。
c0085630_21314741.jpg

私はお土産にお寺のお鏡のお下がりを持っていきました。
c0085630_2139490.jpg

お友達は自家製のたくわんでこうこ巻きの用意を…
c0085630_21405933.jpg

おもちに始まり
ねぎを焼いたり
干物を焼いたり
カンザはとにかくみかんを焼きたい!
途中でだいこんのお鍋でほっと一息。
自家製ゆず味噌でいただきます。
このお友達は川柳作家さんなので、さすがに憎いおもてなしです。
c0085630_21444031.jpg

ただこの方は、珠洲焼(すずやき)のみを収集されていますので、
この伊万里はご友人からのプレゼントだそうです。
ところどころに登場する灰色の器が珠洲焼きです。
c0085630_21371551.jpg

見上げると、前におじゃましたときに描かせて頂いた
カンザの絵が壁に貼ってありました!
うれしいな~♪
c0085630_21524423.jpg

お庭もとても素敵なおうちなのですが、
食べることとおしゃべりでもう大忙しです。
c0085630_21564277.jpg

最後は干しいもをあぶりながら
カンザもお手伝いして抹茶を頂きました。
二杯もおかわり…
c0085630_21553471.jpg

そんなこんなで、連日食べ続けている私たちです…。
c0085630_223760.jpg

お部屋にはいたるところに彼女の暮らしぶりが伺える小物がたくさん…
c0085630_224758.jpg

帰るときに気が付いた、素敵な玄関のしつらえ…
どこまでも肩の力が抜けたかっこいいおばあちゃまです☆

お店へ帰ると…
昨日は山野草教室の日でした。
c0085630_2285778.jpg

今日は斑入りくもまぐさ
c0085630_2210642.jpg

屋久島あせび
c0085630_22125472.jpg

ふきたんぽぽ
c0085630_22135359.jpg

これは何だったかな~
赤くて縮れた葉のやぶこうじです。
c0085630_22111823.jpg

そして、そのあとは…
とんどへ行くというわけでした。
by o-beikokuten | 2010-01-15 21:47 | たべもの

七草がゆ

せり なずな ごきょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ
c0085630_192416.jpg

七草がゆを炊きました
a0157358_17392920.jpg


今年の無病息災を願います
a0157358_1741621.jpg


独特の苦味とお米の甘みが塩で調和され
食がすすみます
こどもたちは何杯もおかわりしました!
これからしばらく
七草が続く限りお粥を炊こうと思います
a0157358_174328.jpg


お庭では…
ろうばいの踊り子たちが
甘い香りをひらひらと
風にのせて私たちを誘います
by o-beikokuten | 2010-01-07 12:07 | たべもの

マカロン

c0085630_21151636.jpg

マカロン。
c0085630_21155650.jpg

色とりどりの。
c0085630_21165144.jpg

ありがたやありがたや~。
by o-beikokuten | 2007-12-10 21:18 | たべもの

望景亭

お城の近くに文学館があります。
c0085630_2515322.jpg

安藤忠雄氏の設計で、
兵庫県には安藤忠雄氏の建物が他にも数点あります。
そう言えば数年前、建築の勉強でカメラ片手にこの文学館へ訪れていた
アメリカからの観光客のかたとたまたまここで居合わせて、意気投合し
一緒に姫路建築物ツアーをすることになったことを
思い出しました。

この建物のちょうど南側、同じ敷地内に、
望景亭という純和風建築物があります。
c0085630_354416.jpg

c0085630_345555.jpg

門をくぐると枯山水の庭から
本格的な茶庭へと続きます。
c0085630_3112981.jpg

c0085630_3142359.jpg

写真があまりよくなくてすみません。
c0085630_31686.jpg

さて、建物はさることながら中へ入ると、
c0085630_3165738.jpg

まず、入り口などの引き戸の手のところに目がいきました。
ケヤキの木か何かでしょうか、
年輪が美しく削りだされ、長い年月を感じさせる
しっとりとしなやかな感触。
広間のふすまには
磁器に絵付けされたものが使われています。
c0085630_3195236.jpg

窓には万華鏡の模様のような桟。
c0085630_325264.jpg

c0085630_3211532.jpg

狭くほの暗い廊下と部屋を仕切る扉には
それぞれ趣のある絵が施されています。
c0085630_3291538.jpg

c0085630_3292866.jpg

c0085630_3294192.jpg

私も中へ入ります。
c0085630_3322945.jpg

この日は、ひょうご在来種保存会という
難しい名前の勉強会&食事会でした。
c0085630_334230.jpg

c0085630_3342579.jpg

要するに、地元野菜の種を守り続けていきましょうという集まりです。
c0085630_3365351.jpg

はりま王にんにくのお話、
海老芋、岩津ねぎ、花わさびなど
生産のことや経営についてじっくりとお話をお伺いしました。
c0085630_3373475.jpg

失敗だらけの人生、余生はえ~種残すために
使てもえんちゃうん思うてな~、とひょうひょうとした主催者山根さん。
私にそんな難しい話が分かるのかって?
もちろん、私は地場野菜を使った
料亭の出張ランチがお目当てでした…。
c0085630_3422346.jpg

c0085630_3433313.jpg

料亭 谷かつ、谷勝さん。
c0085630_3441445.jpg

毎日新聞だったか、食と農の連載がありましたが、
この集まりもそこに組み込まれるかと思われます。
山根さんの密着取材で毎日テレビの方々もいらっしゃっていましたので、
その他大勢に私もちょこんと映ってるかも~。
着物姿二人のうち、グレーの着物が私。
着物でも着ていこうかって心がはずむ建物って
なんだかいい、ですね。
c0085630_473439.jpg

by o-beikokuten | 2007-03-23 03:15 | たべもの

味噌のこと思い出しました…

朝から、思い出しました。
去年仕込んだ味噌のこと。
そしたらばあばあも、
ん?そう言えば私も梅が…。
ふたりでおそるおそるのぞいてみましたよ。
c0085630_9355373.jpg

ありましたありました。
c0085630_9365877.jpg

丸一年お蔵入りしておりました味噌様、
かなり熟成されている模様。
c0085630_9392890.jpg

豆をつぶすの、
途中で面倒になっちゃったので、
豆つぶまるごと…。
c0085630_9432617.jpg

梅もうまく漬かってました。
c0085630_9442151.jpg

どうやらおいしいらしい。
c0085630_9514547.jpg

ご飯と味噌汁。
c0085630_9532167.jpg

甘~い玉子焼きも、やっぱり欲しい?
c0085630_9555940.jpg

最後にお茶をお茶碗で。
by o-beikokuten | 2007-02-13 09:37 | たべもの