<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いちにち

はるばる倉敷からやってきた
このお花、
c0085630_0472997.jpg

調べた結果、
ノコンギクではなく
ヨメナに限りなく近いことが判明しました。
c0085630_17511534.jpg

ノコンギクとヨメナはよく似ています。
種になったところも見てみたいので
調査を今後も続けま~す。
素焼きの植木鉢もすてきです。
細かいところに
手作りの暖かさが…。
c0085630_1752366.jpg

さて、
ある日、畑へ足を踏み入れると、
あれ~♪
おとなりさんが、
いちごの苗を植えてくださっていて、
楽しみがひとつ増えました。
c0085630_17531577.jpg

新宮からお嫁入りしたミントも
父ちゃんの強引な?草刈りにも負けず、
しっかりと空を向いてがんばっています。
ミント用の畝を作ったのでそのうち
移植してあげますからね、待っててね。
c0085630_17541041.jpg

あぜの草花はもうクリスマス色。
これはたぶん、
こんぺいとうのようなかわいい姿を
楽しませてくれた
ミゾソバと
イヌタデかな。
c0085630_1755252.jpg

そうそう、
古家のご近所さんと
パソコンのお勉強を始めました。
一応、先生役です。
で、今日の授業料は
おいしいおかき餅♪
c0085630_0431074.jpg

奥さまの手作りだそうで、
思わず撮りたくなるほどおいしかったのです。
ごちそうさまでした。
by o-beikokuten | 2006-11-30 00:48 | つれづれ

漆喰塗り

腐った柱を取り替えて、
やっと母屋東側にも壁ができました。
c0085630_5404030.jpg

c0085630_559852.jpg

今日はそこに
漆喰を塗りました。
岡本太郎みたいな
このミキサーが活躍します。
c0085630_5461516.jpg

漆喰と水を
混ぜます。
c0085630_5472432.jpg

便利なものがあるんですね。
c0085630_54909.jpg

以前、母屋横の離れ内部を
漆喰塗りしたので、
手馴れたものです。
c0085630_5511416.jpg

柱のかたちもいろいろで
いい感じです。
c0085630_5565187.jpg

おかげさまで外側は完成。
次は中側です。
c0085630_5552655.jpg

c0085630_558291.jpg

今日は倉敷の陶芸家
claystudioさんご夫妻が来てくださいました。
こたつに入ってのんびり楽しい午後を過ごしました。
茶飲み友達が増えてうれしいです。
やっぱり冬はこたつに入って
うだうだするに限るりますね~。
by o-beikokuten | 2006-11-29 06:02 | 古民家再生

カトリック宮津教会

ほんこさんの次は
イエスさまです。
c0085630_2253552.jpg

用事があって
カトリック宮津教会を訪れました。
c0085630_2253940.jpg

長崎の浦上天主堂と並ぶ
歴史ある由緒正しい教会だそうですが、
観光のための建物となっている浦上天主堂とは違い、
今も変わらず教会活動が行われています。
c0085630_2331334.jpg

西洋では石の教会が多いですが
こちらは木造です。
現役で存在する日本で最古の
木造教会なのだそうです。
マリア像やステンドグラスなどは
建設当時にフランスから輸入されたものだそうです。
c0085630_2363857.jpg
c0085630_2371648.jpg
c0085630_238967.jpg

建物はおもしろいことに、
地元の宮大工さんと船大工さんの
合作だそうで、
そういえば、
c0085630_23113287.jpg

そんな感じも・・・
c0085630_231304.jpg

しますします!
これなんて船の中のらせん階段♪
c0085630_23145170.jpg

イスもとってもおしゃれ。
ノアの箱舟のようなすてきな教会でした。
c0085630_23163480.jpg

by o-beikokuten | 2006-11-27 22:55 | つれづれ

四国

先日、四国へ行きました。
観光ではなく用事で日帰りでしたので
びゅんびゅん飛ばして大急ぎ。
c0085630_21131868.jpg

四国は山が面白いです。
まず、坂出に近づくと
讃岐富士が見えます。
c0085630_21155829.jpg

国分寺の辺りでは
おっぱい山が。
c0085630_21163475.jpg

それでもって、
尻山というのもあるそうで、
c0085630_21171134.jpg

その他にも、
昔話に出てきそうな
懐かしく優しい雰囲気の山が
多くあるように思います。
そして、これ。
c0085630_21225033.jpg

盆栽畑です。
盆栽畑というとなんだかぴんときませんが、
鬼無という村では松など盆栽にする植物を育てている農家がたくさんあります。
c0085630_21244219.jpg

畑に畝を作って、
そこへ野菜の代わりに松が植えてあります。
c0085630_21253566.jpg

この辺りはマンホールももちろん、
盆栽。
c0085630_2127413.jpg

そしてお昼はもちろん
うどん。
c0085630_21284250.jpg

初めて高速道路を使っての遠出をしましたが、
スピードを出して運転することに
快感を覚えてしまった四国行きでした。
みなさまくれぐれも運転にはお気をつけて、
c0085630_21315945.jpg

間違っても
運転しながら
写真など、撮らないように…。
c0085630_21305388.jpg

by o-beikokuten | 2006-11-25 21:18 | つれづれ

報恩講

どうぞ
c0085630_0543558.jpg

こちらへ。
c0085630_210517.jpg

今日はお寺の報恩講。
古家のある地域の人々はみんな
「おんこ~さん」と呼んでます。
c0085630_0582271.jpg

私はカメラを持って
c0085630_192091.jpg

抜き足
c0085630_125580.jpg

差し足
c0085630_271368.jpg

忍び足。
c0085630_153814.jpg

さささっ
c0085630_163886.jpg

きょろきょろ。
c0085630_127433.jpg

見られた!?
c0085630_1102147.jpg

なんて遊んでないで、
私はこちら。
c0085630_1173376.jpg

c0085630_1153170.jpg

c0085630_120732.jpg

食事のお手伝いです。
c0085630_1285438.jpg

ねぎの代わりに
春菊を使ったお味噌汁。
一口飲むとふわっと春菊の香りが
口の中に広がって、
それはそれは
おいしいのです。
c0085630_1363077.jpg

みんなせっせと働きます。
c0085630_1374464.jpg

私もよく働きましたよ。
しかし、慣れないことをしたからか、
醤油差しを蹴飛ばして、
たたみに醤油をこぼしちゃいました。
ごめんなさい。
c0085630_143019.jpg

すぐにふき取り、
証拠隠滅
あみだぶつ…。
そうそう、
お経の大切さも
いろいろと教えてくださいました。
c0085630_1455912.jpg

40分のお説教、
終わったときには
ふわ~っなんて
背伸びしたりして。
c0085630_149305.jpg

いえいえ、
そんなことはありません。
ありがたいお言葉に耳をかたむつつ、
地域の方々となんだかんだと
楽しくお仕事ができました。
お寺の住職ご夫妻をはじめ、
地域の方々とのふれあいにも
心あたたまるよい一日でした。
感謝。
c0085630_1554521.jpg

by o-beikokuten | 2006-11-23 01:56 | つれづれ

なにやら落書き…。
やはり、宇宙との交信…?
c0085630_21384467.jpg

ご心配いただきありがとうございます。
これは、南側の表の庭に、
飛び石や垣根の位置などを
試しに描いてみたものです。
そこへやあ、どうもどうも。
c0085630_21445666.jpg

とレンタルユンボ登場。
c0085630_21465754.jpg

せっせと働きます。
c0085630_21501547.jpg

東の離れにも水道パイプをつなぎました。
c0085630_21515236.jpg

溝にかぶせてある鉄板を取り外すと
りっぱな淵石が施してありました。
c0085630_21531459.jpg

そこでまたどうもクン、
よいしょと石を持ち上げて
c0085630_21544999.jpg

また庭のどこかで使わせてもらいます。
c0085630_21553756.jpg

排水のパイプを設置し、
コンクリートマスも付けました。
c0085630_21571020.jpg

鉄板を取ったあとのところには、
ちょろちょろと水の流れるせせらぎを
作りたいと思います。
どんな感じになるか
石を試しに置いてみたりして。
c0085630_21595082.jpg

庭南側の空き地の整地にも
前回に引き続きちょこっと手を出し、
こんな感じで
c0085630_2223326.jpg

こんな感じの
一日でした。
c0085630_2233859.jpg

by o-beikokuten | 2006-11-16 22:04 | 古民家再生

ガラス

今、古家の東側には壁がありません。
ガラスが来るのを待ってました。
ガラスを入れるところだけ、柱を取り替えて、
c0085630_2128459.jpg

ガラスがすっぽり入るように
のみで削り、
c0085630_21262515.jpg

細い桟で止めました。
c0085630_2127281.jpg

やはり柱には柿渋を塗りましたが、
おかげであまり新旧の区別なく仕上がりました。
c0085630_21254910.jpg

さあ、今度は壁を作ります。
c0085630_21293436.jpg

先日張った床には
みつろうワックスを塗りました。
少量でも伸びが良く、自然な光沢で
使い心地ばつぐんです。
c0085630_214473.jpg

そのあと
家具も届きました。
c0085630_21412599.jpg

その他いろいろ。
これ、どうしましょう…。
c0085630_21422848.jpg

by o-beikokuten | 2006-11-10 21:37 | 古民家再生

奈良

トンネルを抜けると
c0085630_22462374.jpg

そこは
c0085630_22475857.jpg

奈良。
c0085630_22472154.jpg

奈良には鹿。
c0085630_23111863.jpg

だけどボクは遠くから眺めるだけでいい。
c0085630_22494174.jpg

だって
c0085630_2256747.jpg

奈良には
c0085630_22541412.jpg

なんだか知らないけど
c0085630_22551856.jpg

怖い
c0085630_22532019.jpg

ヤツらが
c0085630_2258142.jpg

たくさんいるから…。
c0085630_23154480.jpg

でもこんなお顔もありました。
c0085630_2331963.jpg

壁でした。
c0085630_2344249.jpg

今はかわいいお顔でも
そのうちこんな塗り壁オバケになるらしい…。
c0085630_236876.jpg

のっぺらぼうより
オバケらしくていいけどなあ。
c0085630_2384668.jpg

それではみなさん
c0085630_22501874.jpg

さようナラ。
c0085630_23102352.jpg

by o-beikokuten | 2006-11-07 23:12 | つれづれ

中庭

ヘビではありません。
c0085630_21303477.jpg

石です。
石をワイヤーで吊り上げます。
c0085630_2132476.jpg

うんとこどっこい、
押したり引いたり。
c0085630_2133925.jpg

やっとここまで到着です。
c0085630_21355532.jpg

それからがまた…。
c0085630_21371568.jpg

あともう、ほんの少し前へ、
あともう、ほんの少し右へと、
変更のたびに足の位置を替え、
ワイヤーを結びなおし、
滑車を使って吊り上げて、の繰り返し。
c0085630_21382430.jpg

それでもやっと
どうにかこうにか。
c0085630_2144117.jpg

プチ池も作ったりして…。
宇宙との交信にも使えそうです。
c0085630_21451834.jpg

もとは、写真正面の奥にも一つ部屋がありました。
壁も、庭の草木もすべて取り除いて
この状態で長いこと手付かずのままでした。
c0085630_2123350.jpg

さあ、これからどうしましょう…。
今はちょっと行き詰まり中。
それではみなさん
おやすみなさい。
c0085630_2147434.jpg

by o-beikokuten | 2006-11-01 21:51 | 古民家再生