<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

望景亭

お城の近くに文学館があります。
c0085630_2515322.jpg

安藤忠雄氏の設計で、
兵庫県には安藤忠雄氏の建物が他にも数点あります。
そう言えば数年前、建築の勉強でカメラ片手にこの文学館へ訪れていた
アメリカからの観光客のかたとたまたまここで居合わせて、意気投合し
一緒に姫路建築物ツアーをすることになったことを
思い出しました。

この建物のちょうど南側、同じ敷地内に、
望景亭という純和風建築物があります。
c0085630_354416.jpg

c0085630_345555.jpg

門をくぐると枯山水の庭から
本格的な茶庭へと続きます。
c0085630_3112981.jpg

c0085630_3142359.jpg

写真があまりよくなくてすみません。
c0085630_31686.jpg

さて、建物はさることながら中へ入ると、
c0085630_3165738.jpg

まず、入り口などの引き戸の手のところに目がいきました。
ケヤキの木か何かでしょうか、
年輪が美しく削りだされ、長い年月を感じさせる
しっとりとしなやかな感触。
広間のふすまには
磁器に絵付けされたものが使われています。
c0085630_3195236.jpg

窓には万華鏡の模様のような桟。
c0085630_325264.jpg

c0085630_3211532.jpg

狭くほの暗い廊下と部屋を仕切る扉には
それぞれ趣のある絵が施されています。
c0085630_3291538.jpg

c0085630_3292866.jpg

c0085630_3294192.jpg

私も中へ入ります。
c0085630_3322945.jpg

この日は、ひょうご在来種保存会という
難しい名前の勉強会&食事会でした。
c0085630_334230.jpg

c0085630_3342579.jpg

要するに、地元野菜の種を守り続けていきましょうという集まりです。
c0085630_3365351.jpg

はりま王にんにくのお話、
海老芋、岩津ねぎ、花わさびなど
生産のことや経営についてじっくりとお話をお伺いしました。
c0085630_3373475.jpg

失敗だらけの人生、余生はえ~種残すために
使てもえんちゃうん思うてな~、とひょうひょうとした主催者山根さん。
私にそんな難しい話が分かるのかって?
もちろん、私は地場野菜を使った
料亭の出張ランチがお目当てでした…。
c0085630_3422346.jpg

c0085630_3433313.jpg

料亭 谷かつ、谷勝さん。
c0085630_3441445.jpg

毎日新聞だったか、食と農の連載がありましたが、
この集まりもそこに組み込まれるかと思われます。
山根さんの密着取材で毎日テレビの方々もいらっしゃっていましたので、
その他大勢に私もちょこんと映ってるかも~。
着物姿二人のうち、グレーの着物が私。
着物でも着ていこうかって心がはずむ建物って
なんだかいい、ですね。
c0085630_473439.jpg

by o-beikokuten | 2007-03-23 03:15 | たべもの

薪ストーブ

薪ストーブも届きました。
c0085630_17534787.jpg

またまたユニック大活躍。
c0085630_17543770.jpg

ここから
c0085630_17551823.jpg

玄関前へ無事着地成功。
c0085630_17563930.jpg

ここを通って
c0085630_1757286.jpg

ここで曲がって
c0085630_17581699.jpg

ここまで
c0085630_17585033.jpg

来ました。
c0085630_17594467.jpg

また後日煙突をつける予定です。
c0085630_1802540.jpg

とある古家のものがたり、
もうしばらくお付き合い下さいますようお願い申し上げます。
by o-beikokuten | 2007-03-17 18:01 | 古民家再生

造園2

c0085630_17394977.jpg

ユンボで石を敷くところの土を出し、
c0085630_1741023.jpg

ユニックで石を
c0085630_17414967.jpg

移動。
c0085630_17433172.jpg

パズルのように石を組み合わせていきます。
c0085630_1744177.jpg

ウッドデッキ南側の池の下地作りも。
c0085630_17471287.jpg

大きな手水鉢も吊り上げて
c0085630_17481947.jpg

竹を使って転がして
c0085630_17492163.jpg

この辺りかな。
c0085630_17502285.jpg

ここはトイレから見える
箱庭になる予定。
c0085630_1751193.jpg

造園まだまだ続きます。
by o-beikokuten | 2007-03-17 17:51 | 古民家再生

造園

古家の裏山へ登りました。
c0085630_2243925.jpg

上へ登るほど太陽の光がよく差し込むので
いたるところに苔のじゅうたんが広がっています。
c0085630_22443167.jpg

ほら、こんなところにも。
c0085630_22474724.jpg

そして、
c0085630_2251273.jpg

自然の恵みをそっと頂くことに。
c0085630_22501319.jpg

c0085630_22534129.jpg

明日から造園屋さんに来ていただきます。
そこで、庭に使う苔を集めておくように
とのお達しが。
c0085630_22561819.jpg

公私共にお世話になっている方で、
このたびの庭作りにもこちらのわがままを最大限に聞いてもらいつつ、
専門家としての知恵を拝借。
そしてこんなすてきな設計図を頂きました。
ほんとにいつもありがとう!
これは母屋南側正面の図。
向かって右側がウッドデッキになります。
上方向が建物への入り口となります。
c0085630_2393477.jpg

これはウッドデッキ南側の
小さな池。
さあ、明日からまた忙しくなりますが、
とてもとても楽しみです。
よろしくお願いします。
by o-beikokuten | 2007-03-11 23:12 | 古民家再生

奥の土間

日陰の中で何かを待っているようにぽつんとひとつ、
色鮮やかなふきのとうを見つけました。
c0085630_178559.jpg

さてさて、北奥の土間を土のままにするかどうするか
悩んでいましたが、板張りにすることにしました。
c0085630_16544455.jpg

お借りした水平を測る機械、名前は何でしたか…、
レベルかな、今までは振り子のようなもので測ってましたが、
これはすばらしいですね、
ありがとう。
c0085630_1722391.jpg

桟を敷いて、
試しに石も敷いてみて、
c0085630_17331010.jpg

あとはこつこつと…。
c0085630_17311716.jpg

c0085630_1741117.jpg

ここに囲炉裏テーブルを置くことになります。
部屋の隅には薪ストーブを置くため耐熱煉瓦を積み、
床には石を敷きました。
掘った土を運び出したり、セメントを混ぜ合わせたり、
一輪車の大活躍でした。
c0085630_1761232.jpg

外へ出ると、やぶ椿が満開です。
c0085630_16513773.jpg

c0085630_1653425.jpg

立ち枯れしていた紫蘇を
焼却用のドラム缶に入れたら、
火のつく前からもうすでに燃え上がってるみたいで
もう少しこのまま、眺めていたい気分です。
c0085630_174139.jpg

by o-beikokuten | 2007-03-03 17:10 | 古民家再生