<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大雨のあと

今日は大雨。
警報も出ましたので、子供たちはみんなおうち遊びです。
絵を描いたり楽器を使ってあかちゃんと遊んだり、
お勉強したり本を読んだり…。
ひと通りしつくしても、まだなお時間はたっぷりと残っています。

午後になると空も明るくなり、鳥のさえずりが聞こえてきました。
とたんにみんなそわそわ。
私も気分転換に外へ出てみたくなりました。

みんなで雨上がりの池へ探検に行こう!

ずぼんのすそを長靴の中にぴっちり入れて、いざお出かけです。
まずは家の前の水路の中をのぞいて、その流れの速さに歓声をあげる子供たち。
山の方へ向かって歩いていく道中、かえるや沢蟹が子供たちの案内役をかって出てくれます。
お寺の東の山すそに、緑色に美しくたたずむため池があるのですが、
大雨のあとは一体どんなふうに変わっているのか確かめに行こうと思ったのです。
池に着くと、意外と何の変わりもなく、当然水位の調節がちゃんとしてあるのでしょうね、
こどもたちは少し肩透かしを食らったようでした。
それでも、半日家の中でちめちめと遊んでいた彼らにとって、
山の空気と青い水面はちょうどいい息抜きになったようで、
草を手に取ったり、石を池に投げ入れたり、網で何かをすくったり、
思い思いに静かな時間を過ごしていました。

私はあかちゃんを抱っこして、池のほとりを歩いていました。
ふと、森の茂みの間に、今まで気がつかなかった小道を見つけました。
きれいに下草の手入れもしてあり、子供連れでも入れそうです。
思い切って、その小道に足を踏み入れると、私の足は止まらずに、どんどん歩きだしてしまいます。
でも大丈夫。
何か面白いことが起こった、と感じたのか、
知らない間に3人の子供たちは私の後ろから付いて来ています。

湧き水なのか、雨の水なのか、
ちろちろと足元で透き通った水が流れたり、また溜まったり、
長靴を履いているせいか、怖いものなんてないという強気な気持ちで、
じゃぶじゃぶやりながら歩くのはとても楽しいものです。
そしてみんなそれぞれに発見したものや気が付いたことを、
はやる気持ちを抑えながらわれ先にとおしゃべりを繰り返し、
私に抱かれたあかちゃんも、手を空にかざしたり、足をばたばたさせたり大喜びです。

わたしたちは水生昆虫などの採集や観察にちょうどいい沼をふたつ、見つけました。
そこで遊びたい、
いや、今日のところはこの新しい小道がどこまで続いているのかを調べるのが先だ、
うんうんそうだ、と名残惜しくも沼を後にして歩き続けます。
びっしりと若々しい緑色の苔に覆われた木の幹を見たり、
見たことのない葉っぱをちぎってみたり、
大きな竹の皮を見つけてお弁当に使ってみようかと相談したり。
ずっと先へ続く緑の絨毯に覆われた細い道は、
雨上がりの青空を背景に露の光で輝きを増し、
まるでその景色は遠近法を使った絵画のようです。
こどもたちはベタベタな関西弁で、
「なあなあお母さ~ん、なんか、絵~みたいやなあ~!」
「ほんまや、絵~や絵~!」

三兄弟たちはあかちゃん連れの私に気遣い、
毛虫がいたり、水溜りが深かったりすると、
まるで手柄でも立てたかのように得意げに教えてくれます。
「お母さん、気~つけて!」

変わった様子のキノコも発見しました。
「お母さん、キノコが!」
「見たことのないキノコ!」
「カメラ持ってきてないなあ!」
「今度これを撮りにこよう!」
どれどれと、子供たちの足元を見てみると、
本当に、見たことのないおもしろいキノコでした。
チョコレート菓子で、アポロというのがありましたが、
傘があのようにぎざぎざと凹凸になっています。
凸の部分が茶色で、あとはベージュです。
ん~!写真に撮りたい!
という気持ちを抑えて歩きだし、
見上げると背の高い竹のトンネルが。
今までの湿っぽい山道とはまた違った、
竹林独特の研ぎ澄まされ、透き通ったような空気に包まれた空き地に出ました。
「また絵~みたいなところやな~」
ここが、この小道の終点のようです。

歩いているうちに、どんどん下へ降りてきていたようで、
数メートル下のアスファルトのバス道は、
毎日子供たちが学校へ通う通学路です。
新しい発見と束の間の冒険に胸をときめかせていた子供たち。
それが、いつもの通学路のすぐ近くの出来事だったということで、
よけいに興奮しているようです。
そうしながら、来た道を引き返し、もといたため池に着きました。
帰るときは、行きの半分もないくらいの速さで、着きました。

帰宅後、思いのほか長い冒険になったせいもあり、
軽い疲労感に襲われて、あかちゃんと一緒に横になりました。
あかちゃんは十分好奇心を満たされたようで、
いつもよりも瞳を大きくさせて、満足しきったようすです。
わたしもなんだか、満足です。
白漆喰の壁に、暮れるでも暮れないでもない日の光がやさしく反射し、
生ぬるいような空気と混じって、部屋に漂っています。
そのうち、5時を知らせる村のチャイムが鳴りました。
大雨が降らなければ全く違っていたはずの一日、
思いがけない発見と冒険、
ここちよい疲労感、
ノスタルジックな5時のチャイム。
ここまでシナリオがそろったならば、私はこのまま目を閉じ続けよう。
あとのことは、誰か、が、なんとか、してくれる…。
by o-beikokuten | 2010-05-24 22:25 | つれづれ

あかちゃんのごはん

私は今月10ヶ月になる赤ちゃんがいますが、上には3人のお兄ちゃんがいます。
子供の数は4人です。
でも、この村ではあまりめずらしくはありません。
というのも、私を含め現在子育て中の家庭で
子供が4人のおうちが6件もあるからです。
3人兄弟というのは普通です。
小学校の生徒数は100人足らず。
過疎化で、子供のいる家庭の数は少ないのですが、
一家庭につき子供の数が多いので、100人に手が届くほどになっているのだと思います。

それでもこどもの数が少なくて、この村の幼稚園はなくなってしまいました。
私には仕事がありますので、幼稚園には入れるつもりはなく、
就学まで保育園でお世話になる予定でした。
幼稚園より保育園のほうが保育時間が少し長かったことと、
お店を始めるにあたり2歳前からカンザを保育園へ入れてしまった後悔のような気持ちと、
その幼稚園に魅力を感じなかったことがその理由にあります。

以前から通っていた保育園は自宅の目と鼻の先にあるのですが、
就学前には保育園からとなり町の幼稚園へ移る家庭が多く、
カンザと同じ年の子供が少なくなってしまい、
集団生活の教育上良くないとのことで、
ひとつ峠を越えたとなり町の園へ通うよう、
園から指示されました。
統廃合の問題も見え隠れしたりして…。
過疎問題を抱える地域は何でも数字で切り捨てられるのですね。
私としては、人数が多いから良いとも思わないし、
となり町の保育園に魅力も感じなかったし、
ちょうどあかちゃんが生まれるからなおのこと、カンザと一緒に生活したいと思いました。
車の運転についてドクターストップがかかっていたこともあり、
車でひとつ峠を越えるだけの距離も、そのときは無理でした。
そんなことで、カンザは小学校入学までの一年間、
私とあかちゃんとの三人で昼間の時間を過ごしていました。
実を言うとこの選択に一抹の不安もあったのですが、
無事にりっぱな一年生となったカンザをみる今となっては
親子の時間をたっぷりゆっくり過ごせた日々が
カンザにも私にもあかちゃんにも、良かったと、
堂々と思い出すことのできる宝物となっています。

いなか暮らしはいいことがたくさんあります。
自然の美しさに毎日感動することができます。
村全体が散策できる庭のようで、その成り立ちはひとつの学校のようで、家族のようで、あたたかです。
ただ、幼児教育については地域での関心も低く、
質の高い教育を望むのは難しいようです。
そして、就学前には何が何でも「市立幼稚園」へ通わせないと
賢い子に育たないという思い込み的な風習が今だ根付いているのが不思議です。
行政側も、想定人数を満たしていないと切磋琢磨ができずよい教育ができない、
さらに突っ込んでたずねると、過疎の地域に何か対策を施しても
「ぶっちゃけた話、意味がない、効率が悪いんですよねえ」と平気な顔でおっしゃるのですよ。
そんなことを市民におしゃべりしてしまう気の利かない役人さんは、
雇うだけ効率が悪そうで、私がボスならすぐに転職先を探すようお願いしたいところです。

わたしは、日ごろから乳幼児期は子供にとって一番大切なときなのではないか
と思っています。
でも、私たちを取り巻く社会は消費と情報の渦に巻き込まれてしまっているので、
なかなかその核心までには至らないところが、現代の悲劇だと思います。
行政的にも、保育園は保育の手が足りない家庭に代わり「保育」するもの、
幼稚園は「教育」するところっていう枠組みが時代に合っていないし、
おかしな差別や責任逃れを生み出していると思います。
そのうち、幼保一体が主流になっていくのかも知れませんが、
この村はそのタイミングを、逃しました。

今はおそらく、小学校も廃校の危機に直面していると思いますが、
これはさらにデリケートな問題なので、庶民にはひたかくしにされていると、思われます。
今のところは、地域をあげて、となりの町との交流会がさかんに行政のお金を使って催されています。
いなかだからなおのこと、一部の権力者によって密かにことが進められていきます(想像ですが)。
自治を統括しようというもくろみからだとは思いますが、
長いもには巻かれろ的な意識が深く根付いている農村地帯特有の気質にうまく適応し、
楽しそうだから、ついみんな乗っかっちゃうのですよね。
そういう私も、今日この記事を書き終わったら、
この村ととなり町との交流事業子育てサロンに赤ちゃんを遊びに連れて行く予定にしています。

そんなこんなで、こどもに関する大切なことは、
家庭での心がけにつきるのかも知れないと思うと、身が引き締まる思いです。

小学校は、先生方もいい方ばかりで、少人数で教育熱心、
その割には風土的にものんびりとしていて、
自然観察材料には事欠かず、と言う事なしの学校生活です。

さて、4月にカンザが小学生の仲間入りをしてしまったので、
昼間は私とあかちゃんの二人暮しです。
まだ言葉の話せないあかちゃんとの生活はまるでおままごとのようで、こころが和みます。

朝はお兄ちゃんに優しく?起こされます。
というのも、お兄ちゃんたちは寝起きのあかちゃんが一番かわいいと
奪い合うように抱きたがるのです。
ぽかぽかとあたたかで柔らかなからだ、真っ赤なほっぺ、
まだ夢見心地の寝ぼけ顔がたまらないそうです。
朝ごはんのあと、お散歩や遊び、午前中に一度短いお昼寝、
一人遊びのあとお昼ごはん、
お昼寝のあとは大好きなお兄ちゃんたちの帰宅、
お散歩、夕方少しうとうと、
夜ごはん、お風呂、ねんね。

朝と夜はお兄ちゃんやお父さんがいるので、あかちゃんの相手をしてもらえますが、
お昼ごはんを作るときはあかちゃんのご機嫌を見ながらということになります。
たいていご機嫌麗しくひとり遊びをしていてくれますが、
おもちゃは一通りその味も形も知り尽くしてしまったので、面白くないようです。
そこで、はいはいが上手になってきた彼女は行動範囲を広げました。
c0085630_229369.jpg

部屋の片隅の乾物入れや、買ってきたばかりの野菜を入れたダンボールを荒らしています。
出しては確かめ出しては確かめ、それを繰り返してもくもくと遊んで?います。
いたずらっこはどの子かな~?
c0085630_2354526.jpg

なんて言いながら、お昼ごはんの用意です。
最近、4人目にして思いついた離乳食作りについてのいい方法があります。
たいてい我が家では毎日味噌汁を作りますが、
市販のお茶パックの中に普通に炊いたごはんを入れて、一緒に炊くのです。
c0085630_2432788.jpg

初期の頃は昆布だしと野菜のみにすればOK。
こうすればあかちゃんのぶんだけ別にお粥を作らなくてもいいし、
うまみもあっておいしいのです。
c0085630_245101.jpg

玄米を食べることが多いですが、今日は白米です。
あかちゃんには白米のほうが消化負担が軽くていいかも知れません。
うっすらと味噌風味仕立てです。
(大人用に味噌を溶く途中であかちゃんの分だけ引き上げた、というだけの話です^^;)
細く切った大根は、あかちゃんに握らせて、自分で食べてもらいます。
人参はよほど細かく砕いてあげないと消化しにくいですが、
あかちゃんは赤い色が大好き。
ブロッコリはぽろぽろやわらかく、意外と食べさせやすいです。
だしに使った煮干は、あかちゃんの好奇心を満たすために…。
やわらかくなっているので口に入れると骨だけするっととれて、
さすがに変だと思うのか、ちゃんと吐き出します。
なんて取り立てて書き表すと、ちゃんとしたあかちゃんレシピみたいですが、
なんてことはない、いつも偶然、その時まかせ。

計画性のない家庭で巻き起こる、そのとき任せの日々の風。
どこへ飛んでいくのか分からないけれど、いつも気持ちよく風に乗っていたいと願っています。
by o-beikokuten | 2010-05-19 22:25 | こども

夕立。

夕方になって、雨が、降ってきました。
散歩していた途中だったので、少し残念に思い、家に帰りました。
小雨だったので、こどもたちは外で遊んでいます。
玄関のドアを開けて外の様子をのぞいてみると…、
c0085630_21211568.jpg

さらさらと空から舞い降る小雨が夕日に照らされて辺りはきらきらと輝いて、
アスファルトまでもが幻想的な絵画のよう。
突然の夕立に草花たちの深呼吸も聞こえます。
c0085630_054730.jpg

つわぶきの葉。
c0085630_063010.jpg

c0085630_012399.jpg

ときわいかり草とみつでいわがさの葉。
c0085630_0125146.jpg

四季咲きの萩は今が満開です。
c0085630_01061.jpg

つり花の花もたくさんつきました。
c0085630_0173913.jpg

ふうち草、夏までにはふさふさ葉を伸ばしてくれるかな。

そしてふと東の空を見上げると…
c0085630_0194158.jpg

山に虹がかかっていました。
by o-beikokuten | 2010-05-06 21:37 | つれづれ