<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

虐待

今日は子ども会の納涼祭でした。
私はたこ焼き係のお手伝い。
こどもたちはおゆうぎやスーパーボールすくいなどを楽しみました。
ゆかたを着せてとせがむので、三兄弟に浴衣を着せて、
だけどはしゃいですぐに着崩れてしまい、舞台に出る頃には
前もはだけて帯をひきずり、それはそれは勇ましい?姿でした…。

今はぐっすり眠っています。
寝室の暗闇にぽわんと光が三つ。
くじで当てた蛍光色のブレスレットを大事そうにはめたまま、眠りました。
なんともいとおしい光景です。
だけど、それぞれが脱ぎ捨てたゆかた、
お祭りの準備で忙しく、荒れ放題の部屋…。
そんな中にいると、そんないとおしい光景にほほえむ余裕もない気がします。

今朝の朝刊で、また痛ましいニュースを目にしました。
二人の幼い子が死んでしまった…。
お母さんはその子たちを残して家を出て行ってしまって…。

だけど、わたしだって、そのお母さんのおかれた環境にいたら、
殺してしまっていたかもしれない。
いや、絶対そうなっていた、と言えるくらい、そう思ってしまう自分がいます。

私はきれいなものが好きです。
何をもって美しいかと言うのは個人差がありますので、
私にとっての美しさの範囲での話しですが。

青々とした木々や、健やかに成長したこどもたち、目の覚めるような美しい女性…
それらを包む空間と、その美しい対象との境目に、はっきりとした輪郭を見出します。
もちろんそれだけでも美しいのですが、その輪郭が青空に輝く陽の光に照らし出されたとき、
より美しさを増したように見えます。

もちろん「空間」には科学的にいつも何かが存在しますが、
目には何も見えません。
その何もないところに、完全にはっきりと存在することに、
美しさを感じます。

こころ、も、同じかな。
澄み切ったこころに写るものは、ひとつひとつの感情の輪郭もはっきりと写るのかな。
悲しい、うれしい、苦しい、楽しい…。
だけど、悲しみを悲しいと思えずに、苦しみを苦しいと思えないほど、
輪郭がぼやけてきていたら、こころに影が差してきたら、
やはりこころの美しさを失ってしまう…。

こころの動きに鈍感にならなければ生きていけない人たちもいると思います。
また、少なからず鈍感でなければ生きていけないと思います。
だけど、こどもを死なせてしまうまで鈍感になっていいとは思いません。
だけどだけど、その前に、彼女の金色の髪をかき上げて、じっと目を見て、
何も言わずに抱きしめてあげたいと思いました。

きっと、なにもかもがあいまいに、現実を生きているんだか夢の中なんだか、
行き場のない閉塞感にどっぷりと漬かって過ごしていただろうことを思うと、
苦しかっただろうと思います。

こどもを身ごもったときに、中絶するくらいのことは思いついただろうと思います。
それをせずに出産したことは、自分の中に親としての喜びを見出していたのだろうと思います。
このようなことに至る途中でも、至ってしまった今でも、いけないことをしてしまったと、感じていた、いる、
のではないでしょうか。
だけど、その前に、言い訳したいことがたくさんありそうです。
言い訳を存分にしたらいいと思います。
言い訳を繰り返し繰り返し、考えて考えて…。
そして、そういう人こそ、行き場のない思いを抱えている親子を思いやる本当の人に成長する気が、するんだな。

てめえ、生んだんだったら、育てろよっ! 
あたしが助けてやるからさっ 

ってね。

ただやっぱり、幼子たちの泣き声を想像すると、こころが痛みます。

夜中のつれづれ、支離滅裂ですが、どうしても気になって。
by o-beikokuten | 2010-07-31 23:16 | つれづれ

こんばんは

お久しぶりです。
ブログに書き残しておきたいことがたくさんある毎日を送っています。
こどもたちにあんなこと、こんなことをしてあげたい。
お店のことも気になることがいくつか、
自分自身この夏挑戦してみたいこと、片付けてしまいたこと、
たくさんあって、
だけどこのずうずうしいような暑さをどうにか耐え忍ぶことがやっとこさ、
なかなかこころ落ち着くひとときというものが
訪れずに一日が終わります。

夏の朝は早いので、しかもラジオ体操に始まり学校水泳の特訓やら何やらと
忙しい子供たちとあかちゃんのスケジュールを合わせながら、
自分のやりたいこともちょこちょこと合間に挟んで、
空からは目のくらむような日差し、至るところでセミがガシャガシャ、
遅い夕暮れ時の水遣りでは湯気のたつような湿った空気に包まれて、
蚊に刺されてぷっくりふくらんだところを氷で冷やし、
お腹はすいているはずなんだけど、もう少し涼しくならないと落ち着いて食べる気もせず、
だけどこどもたちは夕暮れ時にはきまってはしゃぎだし、
そんな時間を刻んでいると一日がとても24時間とは思えずに、
ずいぶん長い夏の一日をただひたすらひとつひとつこなすだけに過ごしています。

写真も、たくさん撮ってあるのですが、なかなかブログに向かえない日が続いています。

もしかして、みなさんもこんな日々をお過ごしかな、なんて思いながら、
暑さのお見舞い 申し上げます。
by o-beikokuten | 2010-07-24 22:04 | ごあいさつ

大手前便り

お店のブログ。こちらへもどうぞ♪ 大手前便り 7月6日「ヤブカンゾウ」更新しました。
by o-beikokuten | 2010-07-08 22:06 | お店のお知らせ

はじめの…

今月の17日でわたしのあかちゃんは1才の誕生日を迎えます。
毎日発見の連続で、同じもので遊んでいても日々違う遊び方を見つけているようです。
3人のお兄ちゃんと比べて特に違うところは、
音楽やリズム音を聞くととたんににっこり笑いながら踊りだすことです。
感性が柔らかい感じがします。
c0085630_21282784.jpg

そんなしあこちゃんですが、つかまり立ちがうれしい今日この頃、
ひとりですくっと立ち上がり、数秒のあいだ何も持たないで立っていられるようになったのがこの一週間ほど。
もううれしくてうれしくて。
神妙な顔つきでそおっと立ち上がり、しばらく保ち、
ぽとんとお尻が落ちるとはっと我に返ってきゃっきゃと喜びます。

そして今日は!
私の目の前で、私に歩み寄ろうとして、1歩、2歩、ほんの一瞬の出来事でしたが、
歩きました~☆
c0085630_21392928.jpg

この勇ましい顔!
いつもはもちょっとおしとやかなのですよ。。。

一番目のお兄ちゃんが帰ってきて、一緒に ♪ あんよはおじょず ♪ とはやしながら
しあこ歩かせ合戦?をしていたら、二番目のお兄ちゃんが帰ってきて、
しあこちゃんに手紙を差し出しました。
聞けば、今日の授業で手紙を書くレッスンがあったそうで、なになに、ふむふむ…むむむ!
なんて素敵な偶然でしょう。
今日初めての一歩をしたころに、お兄ちゃんは学校でこれを書いてくれていたのかも知れません。
きっと きっと この子は幸せになると思います。
ケイジロ、ありがとう。
c0085630_2145525.jpg

by o-beikokuten | 2010-07-08 21:39 | こども

東儀秀樹×古沢巌tour2010   

おとなりの宍粟市にてとても魅力的なコンサートが開催されることを知りました!
これは、行かなければ!
一本道をびゅんと飛ばしていけばすぐ宍粟市に着きます。
でも残念なことに、この日私たちはどうしても行けないのです。
何度考えても行けないものは行けないのですが、ため息が出てしまいます。残念です。

サブタイトルに  
                伝説から超伝説へ 


と書いてありましたが、本当にそうだと思います。
こんなコンサートがすぐ近くで体験できるなんで、本当に、素敵なことです。
このコンサートは市の後援があるためか、びっくりするほど親切なチケット代金です。
もしこのブログをご覧になってこのコンサートへいらっしゃるかたがありましたら、
ぜひ感想をお聞かせください☆

 東儀秀樹×古沢巌tour2010   2010年8月27日(金) 宍粟市山崎文化会館 19:00~
  一般2000円(!)当日2500円  高校生以下1000円(当日1500円)
 問合せ先:宍粟市山崎文化会館 0790-62-5300
a0157358_21112852.jpg

 
by o-beikokuten | 2010-07-07 21:17 | コンサート

忘れ物

今日はみんな早起きして、
畑のお世話をして、
ご飯を食べて、
赤ちゃんも早起きだったので朝のお昼寝もさせて、
すべりだし快調!

と、思いきや、玄関にぼーんと一年生カンザの連絡袋が。
中には連絡帳や宿題、水泳カードが入っています。
それがないと宿題忘れのうえ、今日の水泳の授業が受けられません。
放っておこうかな、届けようかな、どうしようかと迷いましたが、
一年生でがんばっているカンザのことを考えたら、
たまには甘やかしもいいかもしれない、ちょうど赤ちゃんも寝ているし!

と、お兄ちゃんの自転車、私には少し小さいマウンテンバイクに乗って、
しゃーっと小学校まで風を切って行ってきました。

教室に着くと、ちょうど授業の始まる前のおしゃべりタイム。
カンザは隣の席の、ポニーテールのかわいい女の子となにやら楽しそうに話しています。

かんちゃん、
と呼びかけると、カンザは私の顔をじっと見ました。
そしてすぐに視線を移して、また女の子と話し始め、しかも身振り手振りを交えて盛り上がっている様子です。
クラスのこどもたちが
かんちゃん、お母さん来てる~!
と何度も言ってくれるのですが、こちらを再び見ようとしません。
隣の席の女の子がうながしてやっと気が付いたとでも言うようにぱっとこちらを見て、
こんどは照れくさそうに、だけどうれしそうにこちらへ走り寄ってきました。

そんなものなのでしょうね。
お母さんが見ていないところでは、また別の顔を作っているのでしょうから、
やっぱり忘れ物は、届けないほうが、いいかも知れないですね。

帰り道、リョウタロウの自転車はギアチェンジの具合が少し悪いこと、
そして、小学校から家までの一本道はなだらかな坂になっていて、
行きはよいよい、帰りははあはあ、ということが分かりました。
いつもソフトボールの練習に通っているリョウタロウの気持ちを、少し、感じることができました。
ひとつひとつの出来事はほんのわずかな時間のことなのですが、
早起きをすると、そのささいな出来事の積み重ねをする歯車がうまく回るので、うれしいです。

では、家の片づけをして、ちょっとお店へ行ってきます。
by o-beikokuten | 2010-07-06 08:55 | こども

移動図書館

c0085630_2102069.jpg

金曜の午後、家のすぐ近くに、移動図書館しろかげ号が到着します。
ポロロンポロロンと、到着のメロディーを奏でながら、
村を走りぬけ、公民館の駐車場に登場です。
私はときどきこのしろかげ号へ出かけます。
先日も、借りていた本があったので、到着のメロディーが聞こえてきたのを合図に、
出かける準備をしました。
さてさて、借りていた本はどこへ置いたっけ…。
そう言えば、前々回に借りた本を、読む時間がなかったために前回延長して借りていた本、
これまた読む時間がなくて、今週も読まず仕舞い…。
二週間の間に本を開きさえしなかったくせに、
いざ返すとなると、どうしてもまた読みたくなってしまう欲張りんぼです。

移動図書館の受付をしてくださる司書さん。
お子さんもひとり立ちされて余暇を楽しむ頃であろう年頃の、
染めたことはおそらくないと思われる飾り気のないおかっぱ頭で、素顔に大きな眼鏡。
おすすめの本はありますか、
小さな子供の読み聞かせには何がいいですか、
こどもの手遊びの本は…
何を聞いても詳しく教えてくださいます。
それは仕事だからという域を超えたような雰囲気さえ漂って、
私は今回、思わずその方の目を見て、改めてお話を伺いました。

以前は自宅でこども文庫を開設していたとのこと、
そんなお話を伺っていると、そのかたの髪と眼鏡の奥の控えめな瞳がきらきらと輝きだして、
時々はにかむようににっこり笑う口元にはうっすらと口紅が差してあることにも気が付きました。
仲間と人形劇団を作って活動していたというお話もお伺いしました。

こども文庫は私の長年の夢で、
今ちょうど、お店の一角に子供用の部屋を作り、
押入れを本棚に改造して、そこを本で埋め尽くす計画を実行しているところです。
この計画に不備があるとすれば、家中の本をその本棚に並べてしまうと、
自分の子供たちがその時々に気が向いたときに手に届く本が
自宅にないことになってしまうのです…。
笑い話のようですね。
人形劇にもあこがれますが、私の場合はコーラスかな。
こどもたちに素敵な歌のプレゼントを、
いつかできるように今から仲間とゆっくり練習を始めます。
そんなことを考えているわたし、
いつも夢見がちに思われてしまいますが、
しろかげ号での立ち話で、新しいお友達ができたような、
うれしくあたたかな気持ちになりました。

また、この話題について進展をご報告しますね。

ところでうちのお姫さまは、もうすぐ一才。
歯も生えてひとりで立って、今にも歩く勢いです。
成長が早くって、もう困ってしまう!
まだまだ赤ちゃんのままでいてね。
c0085630_21411789.jpg

ちなみにこの帽子、編みました~♪

なんでもかんでもかじりかじりですが、
こうだったらいいな、こうなればいいなっていうことに、
少しでも近づくように生活することが好きみたいです…。
誰の言葉か知りませんが、
幸せか不幸せか、お金持ちかそうでないかという問題を超越したところで
人間は二種類に分かれるらしくて、
現状に満足できる人間と、常に現状から抜け出したい人間と。
私はどちらかと言えば後者で、
夫は前者です。
これでなんとかバランスが取れている模様。
by o-beikokuten | 2010-07-04 21:42 | つれづれ