小学校へ

今日はタイミングよく小学校の授業参観でした。
1歳7ヵ月になる4番目ちゃんのお昼寝を午前中にすませて、
参観の始まる1時より少し早めに、歩いて家を出ました。
学校までは200mほどです。

まず、しあちゃんとよちよち近所の食料品店に寄って、そこにおしゃべりしに来ている
おばさまたちとごあいさつ。
こんにちは、
あらちゃんとこんにちはができるのね~、ほらこれあげようね、(とチョコレート)

次に、郵便局へ行って私が郵便をお願いしている間に、
しあちゃんは郵便局のソファーに置いてある大きなくまのぬいぐるみを抱きかかえ、
郵便局員さん(ご近所にお住まいの)に
持って帰ってもいいよ~ なんて言われて、
いえいえ、そんなわけにはいきません、ほらしあちゃん、くまちゃんばいばいよ~
というふうに版で押したような会話を交わして、
やっと小学校目指して一直線。

校門のインターホンで校長先生に面会希望の旨を伝えて、いざ校内へ。
校長室へ入りました。
大きな革張りのソファーに座って、
校長先生は私の真正面から、両方の目をぐりっと見開いて、
私の話を食い入るように聞いて下さいます。

校長先生は、転任していらしたのが去年。
始めは用務員さんだと思っていました。
地味で小回りが利く感じ。
笑うと、にこにこというか、へらへらというか、そんなふう。

それが、今日お話していると、ときどき、目が鋭くぎらっと光って、
すぐにまた柔和な顔に戻るのですが、
そのギャップがちょっとかっこいいのです。

前半は私の話ばかりだったのですが、
後半は、校長先生のお話になり、いつの間にか熱くなった先生は、
たくさんのことをお話して下さいました。
どんなことをお話下さったのか、それは教育者として夢のある素敵なことでした。
それにより、私は校長先生の大ファンになりました。
本当のことをまじめに言う人は、
こんな田舎の小さな学校へ飛ばされちゃうのかなと思いましたが、
こどもに聞くところによると、校長先生は以前から、
自然豊かな環境にあるこの小学校へ赴任して来たかったと
おっしゃっていたということです。

しかし、夢をあきらめなければならない世の中は、つまらない。
だけれど、こうして今までお付き合いのなかった方々とお話して、
いろいろな刺激を受けるのは楽しい。

by o-beikokuten | 2011-02-25 21:41 | いせむら
<< 保育所保護者会 お通夜 >>