2010年 01月 27日 ( 1 )

やきものたち

これは昭和30~40年にかけて焼かれた、
欧米向輸出用の白磁製品のデッドストックです。
c0085630_21262942.jpg

c0085630_21285248.jpg

他にもチーズまな板や、コットンケースなど、
デザイン性に優れたものがたくさんあります。
同じく海外輸出用に作られたビスクドールも実は、
引き出しの中に眠っているのですが…、興味のある方だけにお見せするようにしています。
c0085630_21342381.jpg

この小鹿田焼、どれだけ見ていても見飽きることはありません…
c0085630_21364671.jpg

常滑の大甕です。
写真では分かりにくいですが、高さ1m以上あります。
c0085630_2140289.jpg

c0085630_21435111.jpg

白釉掛け味噌甕です。
とても品の良い、優等生な表情です。
c0085630_2145559.jpg

他にもいろいろ…
なんでもそうですが、焼き物は奥が深くて、
私もめったなことは語れませんが、
素敵だな~、どこでどうやって焼かれたのかな~って
感じたりすることだけでも夢があって、いいですね。
by o-beikokuten | 2010-01-27 21:47 | kottou